♪音楽をお聞きになる場合は、こちら

くらしの肌触り図鑑

私たちのくらしのシーンや気持ちに、さりげなく寄り添ってくれる布製品。
布の性質は繊維と織り方の組み合わせで決まります。
同じ繊維からできたものでも、さらさら、ふわふわ、など肌触りはいろいろ。
そんな布と肌触りを図鑑にしてみました。あなたがいま感じたい肌触りはどれですか?

綿

植物繊維の代表格、「綿」。そのもととなる「綿(ワタ)」は、世界60カ国以上で栽培されています。きれいな綿花が咲いた後にできるコットンボール(実)が成熟してはじけ、中から白い綿繊維があふれ出ます。これを原料に糸に紡がれ、さまざまな風合いの布が生産されるのです。吸水性の良さも特徴のひとつで、もっとも身近な繊維と言えるでしょう。

さらさら

着るだけで爽やかな気分になる、さらさらとした肌触りのシャツ。そんなシャツによく使われているのは、ブロードという布地です。少し光沢があり、繰り返し洗っても傷みにくいのも特長です。ちなみにブロードはアメリカ名。ヨーロッパではポプリンと呼ばれています。日本では厚地ものをブロード、薄地のものをポプリンとすることが多いようです。

[綿・ブロード]

[綿・ブロード]

ざっくり

丈夫でざっくりしたデニムのジーンズは、カジュアルなお出かけにぴったり。デニムは使って洗うごとに味わいが増してくるのも魅力です。生地の発祥はイギリスですが、名前の語源になったのはフランス南部のニームで作られた厚手の綾織物「セルジュ・ドゥ・ニーム」です。

[綿・デニム]

[綿・デニム]

ふわふわ

お風呂上がり、ふわふわとしたタオルに包まれる幸せ。そのふわふわの秘密は、糸を細かい輪にしたループパイルです。ループの長さと立ち具合で肌触りに個性が表れます。吸水性にも優れ、バスルームやキッチンなどでも幅広く活躍する、まさにくらしのパートナーです。

[綿・パイル]

ふんわり

夏は、ふんわりと汗を吸い取ってくれるガーゼのハンカチが手放せないという人も多いはず。ガーゼとは、綿繊維をゆるくよって、紡いだ糸で粗く織ったもので、肌着や寝具はもちろん、赤ちゃんのケア、医療用など、さまざまなシーンで活躍してくれています。とくに二重織にしたダブルガーゼクロスは、ふっくらした肌触りで吸湿性も高くなります。

[綿・ガーゼ]

[綿・ガーゼ]

麻

麻には、原料となる植物によっていろいろな種類があります。私たちの身近にある主な布地は、亜麻科の亜麻から生まれるリネン、イラクサ科の苧麻(ちょま)から生まれるラミー、シナノキ科の黄麻から生まれるジュート、桑科の大麻から生まれるヘンプなどで、服には主にリネンとラミーが使われています。

さらり

ファッションや雑貨などで自然な風合いが人気のリネン。その魅力はなんといっても、そのさらりとした肌触り、風通しの良さ、そして見た目の清涼感です。自然につくシワも味わいのひとつ。上手にお手入れすれば使うほどに肌になじんでくれる布地です。

[麻・平織]

[麻・平織]

さらふわ

格子模様がお菓子のワッフルに似ているところから名前がついたワッフル織。ワードローブからフキンまで身近なところで幅広く活躍しています。麻をこのように立体的に織ると、さらり感や通気性そのままに、柔らかさと吸水性がプラス。格子の大きさによって肌触りが少しずつ違うのもおもしろいところです。

[麻・ワッフル]

しなやか

さらっとしたイメージがある麻ですが、ヘリンボーン織りにするとより心地よい柔らかさを感じられます。ヘリンボーンとは英語で「鰊の骨」のこと。その細かく美しい山形の模様はファッションによくとりいれられています。また、思わず撫でたくなるしなやかさはインテリアにもぴったりです。

[麻・ヘリンボーン]

[麻・ヘリンボーン]

ポリエステル

ナイロン、アクリルとともに「三大合成繊維」のひとつといわれる化学繊維です。石油などの化石燃料由来のもの、トウモロコシから作られる植物由来のもの、微生物由来のものがあります。耐久性が高く、お手入れがしやすいので、生活のさまざまなところで活躍してくれます。

もふもふ

冬の寒い日々をもふもふと暖かく包んでくれるフリースのブランケットやジャケット。フリースとは、もともと羊一頭を刈ったときのつながった毛皮のような羊毛のことですが、今ではポリエステルを起毛させてフリースのように仕上げた布地をさすことが多くなりました。中にはペットボトルの再利用によって作られたものも。

[ポリエステル・フリース]

するん

特別な日に着るサテンのドレス。あの高級感のあるすべすべした肌触りはなんとも贅沢な気分にしてくれますね。サテンとは繻子織という織り方の名前で、光沢があり、軽く、滑りのよいのが特徴です。華やかなフォーマルウェアだけではなく、そのするっとした感触でコートの裏地などにも使われています。

[ポリエステル・サテン]

[ポリエステル・サテン]

肌触りを楽しむくらしを!

私たちのくらしを彩る布地。興味を持ってちょっと知るだけで、面白さや愛おしさが増してきます。これからは、布地の肌触りを意識して味わいながらくらしてみるのも楽しいかもしれませんね。

2019年3月掲載 (初出) 2021年3月更新

Page Top