くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

夏前にやりたい!
衣類の黄ばみや扇風機の汚れなど
夏用アイテムのお手入れのコツ

ひとり暮らし女子編2018.05.28

t14-staff03

KAO

ひとり暮らし女子

こんにちは! ひとり暮らし女子の事務局スタッフA.Mです。

すっかり暖かくなって過ごしやすいこの時期に、夏前の準備を始める方も多いのではないでしょうか? 衣替えは終わっていても、いよいよ夏物に袖を通すときに黄ばみが気になったりすること、ありませんか? 押し入れにしまっていた扇風機を出そうとして、去年の夏の汚れが目についたりすることも。また、ソファカバーやカーテン、スリッパ、リネン類も夏仕様にしたりなど、夏が始まる前にやることがいっぱい!

でも、本格的な夏に備えて身の回りから整えていくことで、心も体も軽やかになりますね。

今回は、夏のくらしを快適にスタートさせるために、夏用アイテムのお手入れ方法・コツをご紹介します。

topic01

夏物衣類や小物、着る・使う前に
やっておきたい準備やお手入れのコツ

シャツやカットソーの黄ばみやニオイのお手入れ、浴衣、帽子やサングラスなど、夏物衣類や小物を使う前の準備やお手入れのコツをご紹介します。

technique01

夏物衣類の黄ばみやニオイを解消するお手入れのコツ

image-01

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ミケロン
さん

普段の洗たくは『アタック 高浸透バイオジェル+ハミング』、ホームクリーニングのときは『エマール』を使います。黄ばみ汚れがひどいときは衣類専用の『ワイドハイター』につけおきして汚れがある程度とれたら、軽くすすいで、普通の洗たく物と一緒に洗たく機で洗うようにしてます。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

対象となる汚れに応じて、洗たく用洗剤や衣類用漂白剤を使い分けるのが黄ばみや汚れを撃退するポイントですね^^!

t14-unknown01

ざぶるくん
さん

夏は白系の服が多いし、運動部に所属している息子の白い体操着、開襟シャツを洗うときは三回に一回はワイドハイター EXパワーを入れて洗うと黄ばみが消えます。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

さわやか&清潔に見える半面、汚れが気になってしまう白系衣類は、ざぶるくんさんのように蓄積汚れをためないようにこまめにケアして夏を乗り切りたいものですね^^

t14-unknown01

tosi
さん

夏場は汗のニオイが気になるので、ワイドハイターを併用しています。
特に汗が気になる作業服は、汚れている部分を石けんでゴシゴシ。あとはお日様にお任せしています。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

汗のニオイ対策に、ニオイの元となるセンイの奥の汚れや菌を分解するワイドハイターを使っていただいているのですね^^
気になるニオイや汚れの度合によって洗たくの仕方を変えるのもよいですね!

image-02

(写真はイメージです)

t14-unknown01

夏パイ
さん

夏場の汗まみれのウェアは、
1.簡単に石けんで予洗い
2.洗たく機で洗う
汗をかいたままで放置すると雑菌が繁殖し汗くさくなるので、すぐ洗たくしています。
1.と2.の時間が空く場合は、間に脱水を挟み、乾かしてから洗たくします。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

夏パイさんの“2段階お洗たく法”はニオイ対策にも効果がありそうです♪
汗のニオイを防ぐには、なるべく早めのお洗たく、見習いたいものです^^

t14-unknown01

みどりん
さん

普段はアタック 抗菌EX スーパークリアジェル + ハミングファインですが、夏場は汗くさくなるので、ワイドハイター EXパワーをアタックと一緒に入れます。ワイドハイター EXパワーを追加すると、汗のニオイがきれいにとれます。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

ニオイ菌の増殖を抑制する洗たく用洗剤と、ワイドハイター EXパワーのダブル使いで汗のニオイや蓄積臭とサヨナラできますね!

technique02

浴衣のお手入れのコツ

image-03

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ばらさん
さん

お祭りに着た浴衣を洗たく機で洗いました。Kao PLAZAの記事を見ましたらネットに入れてエマールで洗えるとあり、挑戦してみました。
本当にカンタンにきれいになりました。物干しを使わず、ベランダにかけて干しました。仕上げはのり剤を使わず、軽くアイロンがけにしました。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

記事をご覧いただき、ありがとうございます^^
さっそく挑戦いただいたとのこと、うれしく思います。
エマール+アイロン仕上げで今年の浴衣シーズンも快適に過ごせそうですね^^

t14-unknown01

mair
さん

最近は浴衣を家で洗たくできる専用の洗たくネットが売っていますよ。袖だたみ(袖と袖を合わせて普通のシャツのようにたたむ)にして、専用ネットに入れて洗たくすれば、ほかの洗たく物と一緒に洗っても、へんなシワがつくこともありません。オススメですよ。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

浴衣洗い専用のネットがあるのですね!
ほかの衣類といっしょに洗たくができるのはありがたいです^^♪

t14-unknown01

ゆみころ
さん

浴衣を洗たくするときは少しのり剤をきかせておくと、シャキッとした仕上がりになり、着くずれしにくく、美しい立ち姿でいられます。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

お洗たく時にのり剤を入れると、浴衣全体にムラなくのりづけできますね。
シャキッとした浴衣を美しく着こなすことができたら“粋”ですよね~!!

t14-unknown01

u230
さん

少し荒っぽいのですが洗たく機のセーターモードでエマールとワイドハイターを使って自宅で洗たくします。そのあとはクリーニング店に出して仕上げています。翌年もきれいに着ることが出来ますよ^^

t14-staff03

ひとり暮らし女子

エマールとワイドハイターを使用したホームクリーニングと、クリーニング店の合わせ技^^ 大切な浴衣は大事にお手入れして、来年も再来年も着続けたいですよね!

technique03

麦わら帽子、サンダル、サングラス、日傘など
夏物アイテムのお手入れのコツ

image-04

(写真はイメージです)

t14-unknown01

mimimi24
さん

夏に重宝する麦わら帽子は、使用するたびにリセッシュ 除菌EXをしていたので、そのままクローゼットにおいてあります。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

夏のヘビロテアイテムのひとつ、麦わら帽子にはこまめなニオイ対策がいいのですね^^
帽子は汗ムレが気になりますから、mimimi24さんのホーホーでニオイを気にせず出かけることができます!

t14-unknown01

みどりん
さん

布製の帽子は、ネットに入れたあとに花王のワイドハイター EXパワーとエマールを適量入れて、手洗いコースにセットした洗たく機で洗います。そして、乾燥後にしまいます。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

水洗いが可能な素材の帽子でしたら、みどりんさんのようにエマール+ワイドハイターはオススメの組み合わせですよ♪

image-05

(写真はイメージです)

t14-unknown01

上尾のかーちゃん
さん

指の形の汚れが気になっていたサンダルを試しに衣料用洗剤を使ってハブラシでこすってみたら、ちょっとは汚れが落ちて改善されました!

t14-staff03

ひとり暮らし女子

サンダルについてしまった足指の形の汚れはキレイにならないかな~と思っていましたが、こういうテクニックがあったのですね!

t14-unknown01

やまにんじゃ
さん

夏場は素足になることが多いので、足元のお手入れをマメにしています。足のニオイ対策のクリームを塗ったり、ペディキュアやかかとの角質ケアもしています。
靴やサンダルも帰宅したときに汚れを落とすようにしています。汚れも最小限ですし、長持ちします。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

フットケアで足のニオイを抑え、サンダルの汚れをこまめに落とすなど、セットで取り組むことでニオイや汚れが最小限になるのですね。
ニオイも汚れも、ためないことがポイントですね^^

image-06

(写真はイメージです)

t14-unknown01

まっつん
さん

サングラスのお手入れは、メガネと同じやり方でいいと思います。
中性洗剤を泡立ててその泡を使って全体をみがくように洗います。あとは、ガーゼかタオルでふき取り、仕上げはティッシュペーパーでふいて完成です。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

身近なアイテムでサングラスのお手入れができるのはうれしいですね^^
常にキレイな状態でサングラスを使いたいものです。

image-07

(写真はイメージです)

t14-unknown01

moku
さん

日傘はお風呂場で洗います。水や洗剤の飛び跳ねが気になりません。ホコリを払い水をかけ、汚れを軽く流します。薄めたアタックを浴室洗いのスポンジにつけて中側から洗い、次に外側を洗い、最後に水で流します。素材が綿の場合は薄めたキーピングをブラシでつけて乾かします。黄ばみもなく翌年もきれいに使えます。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

まずはホコリを払い汚れを軽く流すこと、その上で丁寧にスポンジ洗いをすることがポイントですね。日傘を手軽にお手入れできるのはうれしいですね♪

topic02

夏を涼しく過ごすためのアイテム、毎年使うために
やっておきたいお手入れのコツ

扇風機に残っていた昨年の汚れ、日よけ用のすだれなどのお手入れのコツをご紹介します。

technique01

扇風機のニオイ、汚れを解消するお手入れ、すだれの保管方法・コツ

image-08

(写真はイメージです)

t14-unknown01

はるるーと
さん

古いタイプの羽根式の場合は、まず、そうじ機のブラシでホコリをとってマジックリンでふきます。しまうときは組立てたままビニール袋をかけて片づけます。昔はばらしてましたが、面倒くさいので(;'∀')

t14-staff03

ひとり暮らし女子

はるるーとさんのようにきちんとケアされていると、使う前にサッとおそうじするだけで済みそうですね^^

image-09

(写真はイメージです)

t14-unknown01

らぐらん
さん

夏にお世話になったすだれや日よけは新聞紙にくるんで風通しのよい場所に保管します。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

保管方法と保管場所がポイントなのですね。
きっと来年もいい状態で使用できそうですね。

technique02

夏を楽しむためのアイテムのお手入れのコツ

image-10

(写真はイメージです)

t14-unknown01

misato
さん

浮き輪やビーチボールなど、軽くベビーパウダーをつけてから丁寧にたたみます。くっつくこともなく翌年使うときに楽です。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

たたんだ浮き輪やビーチボールがくっついてひろげづらい! あるあるです(笑)
ベビーパウダーを使ってしまっておくとくっつきにくくなるのですね^^

image-11

(写真はイメージです)

t14-unknown01

いちご
さん

夏食器もきれいに洗ったつもりでしたが、片づけのときにつけおき洗いをした方がよいとはとても勉強になりました。早速、実践します。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

つけおき洗いをすることで、気になるニオイやくすみを抑えることができますね^^
キラリと輝くガラス食器は、お料理を盛りつけるときにも気分があがります♪

topic03

夏を軽やかに過ごすための寝室や
リビングアイテムのお手入れのコツ

夏素材のカーテンやソファカバー、スリッパ、リネン類など、会員のみなさまが実践されているお手入れ方法をご紹介します。

technique01

夏素材シーツや布団・枕カバーなどのリネン類のお手入れの方法・コツ

image-12

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ねこのて
さん

私の衣類や下着、タオルや布団シーツなど全てエマールを使い、たまにワイドハイターをプラスして洗っています。
主人のものは汚れや種類によってウルトラアタックNeo、ワイドハイター、ワイドハイター EXパワー ガンコなシミ用を使っています♪ 大好きな組み合わせです。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

ねこのてさんは、汚れ・シミやニオイなどの目的に応じて、洗たく用洗剤を賢く使い分けていらっしゃるのですね^^♪

t14-unknown01

おとぼけもの
さん

ニオイが気になるので洗剤や柔軟剤を変えてみたり、部屋干し中にイヤなニオイがしないようワイドハイターを入れて工夫しています。
シーツなどを干した日の夜は室内がいい香りで癒される♪と家内が喜んでくれています。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

室内干し派の方は、おとぼけものさんのように、「生乾き臭」に効果のある洗たく用洗剤をお使いいただくと、より安心ですよ♪

t14-unknown01

HAWK
さん

シーツを洗たくしたときに早速「ハミングファイン」を使ってみた。
香りと防臭・除菌が長持ちしそうなので期待しています!!

t14-staff03

ひとり暮らし女子

HAWKさん、ありがとうございます!
汗をかくたびにニオイを抑える防臭効果や、汗をすばやく吸水するドライ効果があるハミングファイン。シーツにお使いいただくのは、ぴったりかもしれません^^

t14-unknown01

くーちゃん
さん

汗をかく季節のお洗たくは「キーピング 洗たく機用のり剤」でパリパリにします。枕カバー、シーツが気持ちいいですよ。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

自宅にいながら、まるでホテルや旅館のようですね…!
のり剤を使用するメリットとして、汚れがつきにくく、落としやすくなる効果もあります^^

technique02

夏素材のスリッパやラグなど、夏用リビングアイテムのお手入れ方法・コツ

image-13

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ゆう
さん

暑い夏は足元を涼しげに… お部屋でイグサやマライ草スリッパを素足で履くと気持ちがいいです。ときどきスリッパに「リセッシュ」すると、さらに気持ちよく履くことができます。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

畳の感触が味わえて気持ちよさそうです^^♪
足汗が気になるスリッパには、リセッシュのような消臭剤を使うと安心ですね。

t14-unknown01

みい
さん

リビングのラグマットはリーズナブルなものを購入。週一で洗たく機を使って丸洗い。
スッキリサッパリします!

t14-staff03

ひとり暮らし女子

汗が気になる季節は「洗える素材であること」を優先したくなりますよね!
さらにご自宅で洗えるサイズでしたら、いつでも清潔さをキープできます^^

t14-unknown01

アレママ
さん

センターラグのお手入れは普段はそうじ機&粘着クリーナーですが、季節ごとにお風呂で洗っています。
とてもお見せできない格好で足踏み洗いをし、シャワーで洗剤を流したあとはしばらくお風呂の縁にかけ、水分を飛ばしてから干しています。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

アレママさんテクニックに加えて、残り湯を使ってお洗たくをすればエコにもなりますね。足踏み洗いはいい運動になりそうです@@

technique03

夏素材のカーテンやソファカバーなどのお手入れ方法・コツ

image-14

(写真はイメージです)

t14-unknown01

kuma
さん

夏場は乾きやすいので、カーテンはこまめに洗って干します。狭いベランダですが、片方は外に、片方は目隠しを兼ねてレールにかけて干すので、場所も取りません。レースカーテンと普通のカーテンを交互に洗っても目隠しになると思います。カーテンを洗うと、気分がとてもすっきりします♪

t14-staff03

ひとり暮らし女子

生地が薄めの夏素材はすぐに乾いてくれそうなので、kumaさんテクニックを使ってスッキリとお洗たくができそうです♪

t14-unknown01

るな
さん

なかなか洗えないカーテンや敷物、布団、ソファには、毎日リセッシュしています。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

リセッシュは、浸透促進成分の働きでセンイの奥まですばやく浸透して消臭・除菌します。
るなさんがお使いいただいているような、汗がしみつきがちなソファやカバー類、ベッドマットなどにもオススメです^^

【この記事に関連するサイト】

夏用アイテムを手入れして、夏のくらしを快適にスタートさせたいですよね♪

アタックブランドサイト

アタックブランドサイト

リセッシュブランドサイト

リセッシュブランドサイト

ワイドハイターブランドサイト

ワイドハイターブランドサイト

【動画で見る】家でできる!浴衣の洗い方

【動画で見る】家でできる!浴衣の洗い方

秋冬物の衣類や暖房器具などをしまって、春夏物を出したものの、いざ使う段階になってから汚れなどが気になることもありますよね。そんなときには、ぜひこれらの方法を参考にしていただき、楽しく快適な夏を迎えましょう。

※このコンテンツは会員さまの投稿をピックアップして紹介したものであり、花王の見解ではございません。

くらしのコツを分かち合う、信頼のコミュニティ

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

Page Top