くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

家庭菜園を始めたい人へ。
庭で?ベランダで?どんな野菜を?
初心者の疑問にお答えします!

家事メン編2018.05.14

t14-staff01

KAO

家事メン

こんにちは。家事メンの事務局スタッフH.Fです。

「新鮮で安全な野菜を食べたい!」という家族のリクエストに応えるべく、今年から家庭菜園を始めてみようと思っています。

しかしまったくの初心者なので、まずは会員のみなさまに体験談を聞いてみました。

家庭菜園をおこなっている場所や、おこなっていてよかったこと・困ったこと、実際に育てている野菜や植物など、これから家庭菜園を始めたい方に役立つ情報をご紹介します。

topic01

家庭菜園をどこでおこなっているの?

家庭菜園を始めるにあたって、まずはみなさまが、「どこに野菜や植物を植えているのか」を教えてもらいました。

technique01

自宅の庭やベランダ、畑など「自宅家屋の外」で家庭菜園をおこなう

image-01

t14-unknown01

ゆめのすけ
さん

庭でハーブを育てています(●^o^●)毎日の食卓に取り入れています~♪
これはレモンバームです。お茶やサラダに◎

t14-staff01

家事メン

ハーブを庭で育てる…オシャレですし、使いたいときにいつでもハーブが調達できるので、妻が喜んでくれそうです。

image-02

(写真はイメージです)

t14-unknown01

よう
さん

家で楽しめる簡単な趣味を始めたいと思って、ベランダにプランターを設置。ちょっとした野菜を育てたり、花の球根を植えたりしています。

t14-staff01

家事メン

野菜や花の成長が気になって、ベランダに出る機会が増えてしまいそうですね。彩り豊かなプランターになっていくのが、とても楽しみですね。

t14-unknown01

きよばば
さん

家の裏に少し畑があり、そこで家庭菜園をしています。トウモロコシ、キュウリ、トマト、ナスなど、足腰の運動を兼ねて楽しんでいます。

t14-staff01

家事メン

本格的な畑があるのは、とてもうらやましい環境です。
採れたての野菜はきっと味が濃くて、おいしいのでしょうね。

image-03

t14-unknown01

Roxy
さん

実家の畑はものすごく広くって=3
いろいろな野菜が売れるほどできます♪
家族だけでは食べきれないほど、大量のエンドウが収穫できました♪

t14-staff01

家事メン

販売できそうなほど収穫ができてしまうとは!
エンドウのみずみずしさが写真からも伝わってきます。

technique02

自宅のキッチンやリビングなど「自宅家屋の中」で家庭菜園をおこなう

image-04

(写真はイメージです)

t14-unknown01

サル山
さん

ダイコンやニンジンの葉が生えている部分と身を少し残し、それを水を入れた容器に入れておくと葉がグングン育ち、お料理に使うことができます。
育っている姿を毎日見られるので楽しいですし、キッチンが華やかになります☆

t14-staff01

家事メン

キッチン菜園を楽しまれていらっしゃいますね。
こうした再生野菜は、器に気を配るとちょっとしたインテリアとしても楽しめそうです。

image-05

(写真はイメージです)

t14-unknown01

カズくん
さん

ホームセンターでブロッコリーなどの種を買ってきて、イチゴのパックやトレーなどで水耕栽培をしています。トウミョウの要領です。

t14-staff01

家事メン

イチゴのパックで野菜が育てられるのですね。場所も取りませんし、手軽そうなのでチャレンジしてみたいです。

t14-unknown01

Kay
さん

リビングでニンニクの水耕栽培をしています。野菜高騰時に葉ニンニクが元気よく育ってくれたので、お財布にもエコです。

t14-staff01

家事メン

リビングやキッチンの一角にもかかわらず、まるでガーデニングのように楽しめる水耕栽培は、専用キットが販売されているくらい人気なようですね。
葉ニンニクはどんなお料理に使われたのでしょうか? ぜひ試してみたくなりました。

technique03

貸農園や市民農園など、自宅以外の場所で家庭菜園をおこなう

image-06

t14-unknown01

チェリー尼
さん

毎日貸農園で野菜作りをしております。新鮮な野菜を朝採りし、夕食でいただくときは、スーパーで買った野菜とは一味違ったフレッシュ感が味わえます。
この写真のトウモロコシを使って、かき揚げ、コーンスープ、炊き込みごはんを作りました。ナス、トマトの夏野菜も栽培します。

t14-staff01

家事メン

t14-unknown01

mimi
さん

市民農園を借りて野菜作りに取り組んでいます。収穫はほんの少しですが、無農薬野菜は安心して丸かじりできます。

t14-staff01

家事メン

市民農園のなかには、プロのアドバイスを受けられるところがあるようですね。
家庭菜園初心者には心強いです。自分が育てた野菜を丸かじりしてみたいですね!

t14-unknown01

おとらとぶー
さん

今の楽しみは週末に近所で借りている貸農園での野菜作り! 成長・収穫が本当に楽しく、そのときは嫌なことを忘れて没頭できます。

t14-staff01

家事メン

チェリー尼さんに続き、貸農園派のおとらとぶーさんは平日とは異なる非日常体験がリフレッシュにつながるのでしょうか。
土をいじっていると無心になれそうですね。

topic02

家庭菜園で何を育てているの?

野菜や果物、植物など、みなさまが家庭菜園で何を育てていらっしゃるかを教えてもらいました。

technique01

家庭菜園で野菜を育てる

image-07

(写真はイメージです)

t14-unknown01

tosi
さん

夏野菜の種まきや苗の植えつけをしました。ナス、キュウリ、トマト、ピーマン、ズッキーニ、トウモロコシ、シカクマメ、枝豆、ゴーヤ、サツマイモ、スイカ、ウリなどゴールデンウィークを利用して植えました。新鮮で家計に大いに貢献してくれる家庭菜園! 育てる楽しみ、収穫の楽しみ!

t14-staff01

家事メン

そして、収穫のあとは“味わう楽しみ”ですね。採れたての野菜は、おいしいに違いありません。

t14-unknown01

のんびりー
さん

ウメ、スモモ、タマネギ、長ネギ、シュンギク、ジャガイモ、エンドウ、グリーンピース、ソラマメ、アズキ、黒豆、キュウリ、トマト、サトイモ、ゴーヤ、ニンニク、ワケギなど農薬は使わずに雑草取りをがんばっています。

t14-staff01

家事メン

無農薬ですと虫や雑草も多いでしょうから、とても大変かと思います。
手塩にかけて育てた野菜は苦労した分、格別なおいしさでしょうね。

technique02

家庭菜園で果物を育てる

image-08

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ミルメイ
さん

私はガーデニングが好きなので、100円ショップで買った野菜の種をまいたりして育てます♪ 上手く育てられれば、子どもたちに収穫の経験をさせてあげられます♪ ちなみに我が家でいっぱい育っているのはイチゴです♪

t14-staff01

家事メン

100円ショップで種が入手できるのですね。我が家で試してみたくなりました。

t14-unknown01

よかろうもん
さん

ベランダで育てているブドウが芽吹いてきました。枯れてしまったのかと思った枝から芽が出てくるとうれしくなります。水やりと摘果をきちんとやると、お盆の頃に少量ですが収穫できます。

t14-staff01

家事メン

よかろうもんさんのテクニックを拝見するまで、ブドウが自宅で栽培できることを知りませんでした。
ツルが伸びてきますので、グリーンカーテンとしても活用できそうですね。

image-09

t14-unknown01

いったんこ
さん

我が家の『佐藤錦』が食べ頃になりました。いち早くカラスが食べ放題に参戦しております。カラス軍団に負けずに、おいしいサクランボを食べまくります(●^o^●)

t14-staff01

家事メン

市販のサクランボは決して安くはないですし、育てるのはきっと大変だと思います。 いったんこさんにコツをお聞きしたいです。

technique03

家庭菜園で植物を育てる

image-10

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ウクレレマンダン
さん

庭にミントやレモンバームなどのハーブ類を栽培して収穫し、乾燥させ、ハーブティーをほぼ毎日楽しんでいます。ハーブの成長も楽しめ、自分で作った茶葉なので安心して毎日午後のティータイムを楽しく続けられています。

t14-staff01

家事メン

ガーデニングとして楽しむだけではなく、料理やお茶にも使えるハーブは万能ですね。

t14-unknown01

ぴろみん
さん

いろんなハーブを育てましたが、シソ、バジル、パセリがいいです。
培養土で多少追肥すればよく育つし、収穫して食べることができます。
特にシソは夏にいただく機会が増える“冷奴”、“そうめん”などの薬味として大活躍!
日本の高温多湿な気候に合わないハーブは難しいので、生育条件をよく確認してくださいね。

t14-staff01

家事メン

ちょっとアクセントをつけたい!というときに便利なハーブは、手間があまりかからないようなので、家庭菜園をこれから始める方はチャレンジしやすそうですね。

topic03

家庭菜園の「やっててよかった!」
「やってて困った…」を教えてください

家庭菜園をおこなっていて、喜びを感じることや、ちょっと大変なことなどを教えてもらいました。

technique01

家庭菜園、やっててよかった!

image-11

(写真はイメージです)

t14-unknown01

まああああ
さん

プランターで野菜作りに挑戦し、トマトと枝豆を育てています。収穫量は少ないですが、2歳の息子が大喜びで野菜を収穫し、子どもが勧めるので主人が積極的に野菜を食べるようになりました。私もお料理が楽しくなってレシピの幅が増えました。楽しいから続けられるんですね。

t14-staff01

家事メン

野菜作りがきっかけでご家族が一体となって楽しんでいらっしゃる様子が伺えます。家族いっしょに作り上げられると、喜びや楽しさは何倍にもなりますね!

t14-unknown01

join
さん

一年を実感できることのひとつに家庭菜園での植物の成長があります。四季を通してあらためて一年という月日のサイクルの重みを実感します。そうして咲いた花を見たり、収穫した野菜をいただくときはうれしい瞬間ですね。

t14-staff01

家事メン

植物にふれることで季節を感じたり、自分が大切に育てた野菜の成長を実感するのはうれしいものですよね。

t14-unknown01

ほーみん
さん

夏のイチ押しはグリーンカーテン。アサガオやゴーヤはグリーンカーテンの定番ですが、我が家ではカボチャを活用しています。秋にはホクホクのカボチャが食べられて一石二鳥です。庭がないのでプランターでやっています。おためしあれ!

t14-staff01

家事メン

カボチャをグリーンカーテンにする、というほーみんさんの家庭菜園は興味深いです。季節をまたいで楽しめるのはいいですね。

image-12

t14-unknown01

Kaoファン
さん

家庭菜園で育った野菜や果実を収穫したり、父が作ったガーデンデスクのベンチに座ってお菓子を食べたりお茶を飲んだりしながら、サクランボの花や桃の花などの季節の花を見て楽しんでいます。

t14-staff01

家事メン

手作りのものに囲まれて過ごすひとときは、格別な時間かと思います。庭に咲く花々も美しいのでしょうね。

t14-unknown01

よこ
さん

家庭菜園で野菜を作れば、すぐに食べられておトクです。我が家は7種類の野菜を自給自足しています。

t14-staff01

家事メン

“手作り”の安心感は何物にも代えがたいですね。
7種類の野菜をどのように調理されているのでしょうか。そちらも気になります。

technique02

家庭菜園、やってて困った…

t14-unknown01

わさび納豆
さん

庭に植えたイチゴにアリやアブラムシがつくので、おいしいイチゴを食べるためといい聞かせて簡単な害虫退治を子どもに任せています。

t14-staff01

家事メン

わさび納豆さんのように、害虫でお困りの方は多いのではないでしょうか。
成長をいっしょに見ていくことができると同時に、虫がつくことがあったり、お店で見るような野菜や果物のように育てることがいかに難しいかを、学ぶことができますよね。

t14-unknown01

デンコ
さん

モグラ対策にソーラー式モグラ防除器を5個取りつけてもダメで、ペットボトル風車を7~8個作ったらこのところ静かになっています。

t14-staff01

家事メン

家庭菜園では、モグラ対策が必要になってくることがあるのですね。
また、ペットボトル風車で効果が出ているのですね。非常に参考になります。

t14-unknown01

いなり
さん

庭のスモモにサルが来ました。一度目はまだ実が青くて様子を見ていたみたい。二度目は、実が赤くなった頃に食べ散らかして行っちゃいました。これ以上食べられては困るので、おもちゃ屋さんでロケット花火とクラッカーを買ってきましたがそれっきり来ません。どこに行ったんでしょうね。

t14-staff01

家事メン

庭にサルが! スモモの食べ頃をわかっているとはなかなかです。
対策のために購入された花火などを使うことにならずよかったですが、油断はできませんね。

t14-unknown01

せっかち
さん

お姑さんの畑でカラスにスイカをつつかれたので、その範囲だけネットで囲みました。大変でしたが、そのあとは無事に育っているようです。(*^^*)

t14-staff01

家事メン

カラス対策には防鳥ネットが有効なのですね。
鳥獣被害対策は対象の動物によって手段が異なってくるようです。大切な作物を守るためにしっかり調べておきたいですね。

t14-unknown01

ひーちゃん
さん

知り合いのプロの方に聞いたのですが、素人が土を耕して肥料を入れて、なんてするより、野菜用の土を買って大きめのプランターで作った方が失敗しないと教えてくれました。それで昨年は成功しました。深めのプランターがいいですよ。

t14-staff01

家事メン

これから始める方は、ひーちゃんさんのようにあらかじめ完成されている土と深めのプランターを用意すると、失敗が少なくなるかもしれませんね。

家庭菜園は、収穫そのものはもちろん、植物を育てていくプロセスも楽しんでいる方が多いのが印象的でした。育てる喜び、食べる喜び、家族の喜び… 今から始める家庭菜園がとても楽しみです。

※このコンテンツは会員さまの投稿をピックアップして紹介したものであり、花王の見解ではございません。

くらしのコツを分かち合う、信頼のコミュニティ

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

Page Top