くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

冬季オリンピック間近!
ウィンタースポーツは、する派?観戦派?
冬のスポーツの楽しみ方

ひとり暮らし女子編2017.11.27

t14-staff03

KAO

ひとり暮らし女子

こんにちは! ひとり暮らし女子の事務局スタッフA.Mです。

2018年2月、冬季オリンピックが開催されますね。冬季のオリンピックが近くなると、出場選手についてはもちろんのこと、競技種目やウィンタースポーツに大きな関心が寄せられますね。

私は毎年、友達とスキーやスノーボードをしにスキー場に行っています。ウィンタースポーツの王道と言われるスキーとスノーボードですが、冬のスポーツはそれだけではありません。

冬季オリンピックの競技種目を見てみると、スケートやボブスレー、カーリング、アイスホッケーなどがあります。

スノーボードはスキー競技の中の一種目として登録されており、私たちでも冬のスポーツとして楽しむことができますね。また、スキー競技のジャンプ種目やスケート競技のフィギュアスケート種目などは、観戦向きのウィンタースポーツと言えるでしょう。

今回は、ウィンタースポーツを「する派」の方々と、「観戦派」の方々に、それぞれの楽しみ方をお聞きしました。どちらも甲乙つけがたい白熱したご意見がたくさん出そろいました。あなたは、冬のスポーツを、する派? 観戦派? それとも両方欲張り派? ウィンタースポーツを楽しむための参考にしてみてくださいね。

topic01

ウィンタースポーツは断然「する派」!
冬のスポーツを体感して楽しむ方法とは?

ウィンタースポーツこそ自分でカラダを動かして楽しみたい!という方々に、その素晴らしさや冬のスポーツを楽しむコツを教えていただきました。

technique01

スキー、バックカントリースキー

image-01

t14-unknown01

もぐしゃん
さん

大好きなスキーです(*´∀`*)
後ろは雄大な茶臼岳です♪ 真っ白な茶臼と真っ青な空で気分も最高です(#^.^#)

t14-staff03

ひとり暮らし女子

真っ青な空のもと、とても気持ちがよさそうです☆
白い雪にピンクのウェアがとても映えますね^^♪

image-02

(写真はイメージです)

t14-unknown01


さん

バックカントリースキーして温泉入っておいしいもの食べる。晴れた日にキレイな景色の中を登っていくと、マイナス10度ぐらいの空気を呼吸すると肺が清浄になっていく気分になります。滑り降りるときももちろん気持ちよいけど、樹林帯を登っていくときに気持ちが落ち着いていく。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

私はマイナス10度の世界を経験したことはありませんが、澄んだ冷たい空気の中「落ち着いた気持ちになる」というrさんのお気持ちが伝わりますね^^

technique02

スノーボード

image-03

(写真はイメージです)

t14-unknown01

sta
さん

冬季限定ですが、スノーボードにはまっています。コケると痛いですが、自在に操れたときの爽快感は格別です。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

1枚の板に足が固定され立つこともままならなかったものが、自由自在に操れるようになるとstaさんのように夢中になってしまいそうです☆

technique03

そり

image-04

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ころころたまご
さん

雪遊びは・・・子どもより私の方が楽しんでいるかも?
そり遊び、楽しすぎ!!子どもたちのスキをみて・・・私がそりに乗っています~笑

t14-staff03

ひとり暮らし女子

「氷上のF1」ともいわれるボブスレーは、そりの一種であることをご存じでしたか?
一般的に楽しめるそりでしたら、専用ゲレンデが用意されていることが多いので、気軽にチャレンジできそうです^^♪

t14-unknown01

たこ
さん

雪国なのでゴミ出しはそりにのせて運んでいます。買い物も歩いて片道40分、やっぱり荷物はそりにのせて帰ります。結構周囲でも同じ人が多いです。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

たこさんのようにそりを使った荷物運搬の工夫は、生活のアイデアそのものですね^^

technique04

カーリング

image-05

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ヒラメ筋
さん

テニス仲間で カーリングに挑戦

t14-staff03

ひとり暮らし女子

気心が知れたメンバーでしたら、新しいスポーツを始めるにしても息がぴったりかもしれませんね^^♪

technique05

ノルディックウォーキング

image-06

(写真はイメージです)

t14-unknown01

おにちゃん
さん

今年こそはがんばって、全身を使って「有酸素運動」が発揮できるノルディックウォーキングに挑戦したい。いつも途中で止めてしまう私ですが、投稿することで有言実行が叶うかも?

t14-staff03

ひとり暮らし女子

ノルディックウォーキングは、クロスカントリー選手が夏季トレーニングとして行っていたものがベースとなった歩行運動なのですね^^
季節を問わず始められ、ポールを使うことで全身のエクササイズが可能なようです^^

technique06

スノーシュー

image-07

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ころころたまご
さん

札幌市郊外にある、豊平峡(ほうへいきょう)温泉です!
100パーセント源泉かけ流し。露天風呂の名前は『ふくろうの湯』
カヌー・ラフティング・かまくら・スノーシューもできます。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

スノーシューとは、雪上を歩くための“かんじき”のようなものなのですね。
冬も楽しめるリゾート施設で、ウィンタースポーツに挑戦してみたいですね^^

technique07

ランニング

image-08

t14-unknown01

ぁゃゃ
さん

小学校から大嫌いだったけど得意だった長距離走。大人になってからは趣味のひとつになり、ホノルルフルマラソンも完走しました。世界中の旅先で、観光とは別に街中を走るのも好きです。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

街並みと心地よい風を感じて、とても気持ちがよさそうです・・・!
フルマラソンを完走とは、とても以前は長距離走が苦手だったとは思えないです!

image-09

(写真はイメージです)

t14-unknown01

Trifle
さん

マラソンを夫とまだつき合っていたころからいっしょに続けています。子どもが産まれてからは、ランニングベビーカーを買って、3人いっしょに走っています。時間があるときに気軽に家の近くの土手を走れるので健康に1番です。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

ご家族でランニングとは、うらやましいです☆
お子さまは将来ランナーに育つかもしれませんね^^

technique08

雪かき

image-10

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ゆきこ
さん

クリスマスの5日前が私の誕生日。バースデーケーキ、クリスマスケーキetcつい食べすぎてしまうのですが、この時期、北海道は雪の季節。食べた分は雪かきをして汗を流し、カロリーを消費?します。いつもより丁寧に時間をかけて家の前、横、裏を雪かきします(そのあと、お腹がすいて困ります、笑)

t14-staff03

ひとり暮らし女子

雪かきは、とても重労働。雪かきを運動としてとらえると、立派なウィンタースポーツの一種ですね!

technique09

雪合戦

image-11

(写真はイメージです)

t14-unknown01

れーまま
さん

ホワイトクリスマスには、わんちゃんとお外で雪合戦♪雪だるまを飾りつけて、いっしょにスリーショット♪

t14-staff03

ひとり暮らし女子

お子さまにとって、冬のアクティビティ「雪合戦」は欠かせないのはないでしょうか^^
また、雪合戦は正式なルールにもとづき「Yukigassen」として、海外へ広まっているようです!

technique10

ウォーキング

image-12

t14-unknown01

koba2106
さん

数年前の冬、栃木県日光の北裏、標高1500mにある友人の温泉旅館にインターネット環境改善の手伝いに行きました。
積雪は約3m、林道を毎朝散歩してたらカモシカが飛び出してきて断崖で行き場を失いストップ!!思いがけず至近で撮ることができました。その距離約3m。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

臨場感あふれるこのお写真は、とても散歩の途中とは思えないクオリティです!

t14-unknown01

tosi
さん

夏の暑さは歩くのがつらいけれど冬場は日中リュックを背負って遠くまで買い物に行きます。帰ってくるとカラダぽかぽかで、やっぱり運動に叶うものはないなと実感します。筋肉が熱を作り出しているそうでなるべく歩くことを心がけています。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

お買い物をウォーキングの一環として取り入れるのはナイスアイデアですね・・・!
お天気が悪いときは、次のマロンクリームさんのテクニックがおすすめです。

technique11

屋内(自宅)スポーツ

image-13

(写真はイメージです)

t14-unknown01

マロンクリーム
さん

寒い時期は、 なかなか外で・・・って 難しいですね。
ご自宅の階段で昇降運動は、いかがですか?かなり足腰の筋トレになりますよ。
平坦な所を歩くより負荷がかかるので、運動不足解消に効果はありますよ。
(・b・)の世話があるワタシには、GOOD♪(・0<)

t14-staff03

ひとり暮らし女子

お天気が悪かったり寒かったりして外出が億劫になるときは、ウォーキング派の方も屋内でできる階段昇降はおすすめです^^

topic02

ウィンタースポーツはもっぱら「観戦派」!
冬のスポーツを見て楽しむ方法とは?

ウィンタースポーツはテレビやスタジアムでの観戦を楽しみたい!という方々に、その素晴らしさや冬のスポーツを楽しむコツを教えていただきました。

technique01

駅伝

image-14

(写真はイメージです)

t14-unknown01

まる
さん

お正月は実家で☆
元旦はニューイヤー駅伝
2日3日は箱根駅伝
我が家では決まって駅伝三昧!
これをみると新年がきた!という気分になります
地元の選手の活躍をみるのが楽しみです(・∀・)

t14-staff03

ひとり暮らし女子

地元選手となると応援に熱が入りますね^^♪
毎年見ごたえがあって、私も楽しみにしています・・・!

t14-unknown01

ちえり
さん

箱根駅伝の応援に行きます!沿道で旗を振り、選手が全員通過したら、近くの電気屋さんの大画面テレビで観戦するのがお決まりです。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

ちえりさんは沿道に立って声援を送っていらっしゃるのですね!
どちらの区間で応援されていらっしゃるのでしょうか^^

technique02

サッカー

image-15

(写真はイメージです)

t14-unknown01

kintsuba
さん

箱根駅伝からそのままチャンネル変えず高校サッカー見ております^^;

t14-staff03

ひとり暮らし女子

テレビ観戦の場合は、kintsubaさんのような楽しみ方ができますよね^^♪

t14-unknown01

深ばー
さん

スポーツ観戦、大声で叫ぶ。ちなみにサッカー、スタジアムで爆発、、スッキリします。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

スタジアムで大勢の歓声の中でしたら、普段出せないような大声を使えそう☆

technique03

ラグビー

image-16

(写真はイメージです)

t14-unknown01

holley
さん

よく主人とのデートで秩父宮のラグビー観戦をしていたので、こんなにラグビーが盛り上がってうれしいです♪
テレビでの観戦だとルールの説明も同時にしてくれるときもあるのでおすすめです!

t14-staff03

ひとり暮らし女子

ラグビーワールドカップ2015がきっかけとなって、注目される方が増えたのではないでしょうか^^2019年に行われるワールドカップ開催地は日本。ますます注目が高まるスポーツですね!(^^)!

technique04

フィギュアスケート

image-17

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ひまま
さん

フィギュアスケートが大好きなので、家事の隙間時間も選手の演技動画や試合結果をチェック。これからのシーズンは楽しみがいっぱいです。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

冬季オリンピックが始まると、ますます目が離せませんね・・・!

technique05

アイスホッケー

image-18

(写真はイメージです)

t14-unknown01

おじんばあ
さん

アイスホッケーなどを高校のときによく見に行っていました。
テレビより競技場で見るのが好きで。

t14-staff03

ひとり暮らし女子

アイスホッケーは「氷上の格闘技」と呼ばれるそうですね。
テレビで見るだけでも迫力があるので、生で見たらスピードに圧倒されそうです!

【この記事に関連するサイト】

思いきり外で遊んだあとは、カラダも衣類もケアしましょう。

ウィンタースポーツをする派の方も観戦派の方も、どちらも夢中になるほど奥が深いのが冬のスポーツなんですね。この冬は、する派の方は観戦派に、観戦派の方はする派にトライしてみるのもよいかもしれません。

※このコンテンツは会員さまの投稿をピックアップして紹介したものであり、花王の見解ではございません。

くらしのコツを分かち合う、信頼のコミュニティ

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

Page Top