くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

【親子で夏遊び】
夏休みは、子どもと大人が一緒に楽しむ
スポーツ&アクティビティを!

家事メン編2017.07.18

t14-staff01

KAO

家事メン

こんにちは。妻と娘のおかげで家事・育児もかなり上達したと自負している、家事メンの事務局スタッフH.Fです。

7月後半、私の家事・育児も夏休み仕様に変更です。子どもと過ごす時間が長くなるので、一緒に楽しむにはどうしたらよいかと日々頭をひねっています。

遊園地などのレジャー施設や観光スポットも楽しいのですが、それだと去年の夏休みの過ごし方と代り映えしません。そこでこの夏休みは「家族でスポーツ&アクティビティ」をテーマにしてみたいと考えています。

親子でスポーツをしたり、体を動かしたりすると、子どもの身体能力が鍛えられたり、親の運動不足も解消されますし、何より家族みんなで一緒に楽しめるのが魅力です。

そこで今回は、家族で楽しみたいスポーツはどんなものがあるのか、親子で体を動かす夏遊びをする際に気をつけるべきことなどをご紹介します!

topic01

大人もやってみたい!
子どもが喜ぶ新しいスポーツ体験

今年の夏休みは家族の誰もがやったことがない、初めてのスポーツにチャレンジするのも面白いですよね。今話題の新しいスポーツを家族みんなで楽しむのもいいですし、大人向けとされていたスポーツも最近は子どもが大いにトライしているようです。家族みんなで新しい体験ができるのも、親子で成長できますし、かけがえのない思い出にもなりますね。

technique01

家族で「キャニオニング」を楽しむ

image-01

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ななんちゅ
さん

今年は初めてキャニオニングに挑戦しました!山の中やけども川の中っていうどっち派になるのやら・・・(笑)とりあえずアウトドア派( ˙▽˙ )/とか言いながら1日読書で過ごす日もあるぐーたら女子です(・∀・)

t14-staff01

家事メン

マイナスイオンをたっぷり浴びることができそうなキャニオニング。調べてみると子どもが参加できるキャニオニングツアーが結構ありました。お子さまの年齢次第ではぜひともチャレンジしたくなりますね。

technique02

自転車の練習台として「ストライダー」

image-02

(写真はイメージです)

t14-unknown01

みゆママ
さん

うちはストライダーが大活躍でした!ペダルのない自転車ですが、バランス感覚が養えるので息子が4歳の時に1ヶ月くらいでマスター。今では自転車を乗りこなしています(笑)

t14-staff01

家事メン

夏休みの間に自転車の練習を・・・とお考えの方は、みゆママさん案はとても参考になりますね。

technique03

お子さま向けの進化版!「フライングディスク」

image-03

(写真はイメージです)

t14-unknown01

moo
さん

フリスビーです♪
キャッチできた時、うまくなげられた時はやっぱり気持ちがいいです。
息があうまでは、運動量もなかなかのものですが、やわらかいフリスビーを使うと痛くないのでたのしく遊べます。

t14-staff01

家事メン

ディスクを飛ばしあってキャッチするというシンプルな遊びながら、スペースさえあれば手軽にできますね。子ども向けに進化版ディスクが販売されており、我が家でもぜひ取り入れたいです。

technique04

家族で「サーフィン」を楽しむ

image-04

(写真はイメージです)

t14-unknown01

oh402654
さん

4人家族ですがみんな海派でサーフィン大好き日焼けなんか気にしません。今日も波待ち。

t14-staff01

家事メン

oh402654さんはサーフィン一家でいらっしゃるのですね。もしかしたら海の近くにお住まいでしょうか。とても羨ましいです。

technique05

親子で冒険気分が味わえる「シーカヤック」

image-05

t14-unknown01


さん

暑くなると、海に行きたーい!ってなります。断然海派。
山も行くけど、海はのんびりできるから。積丹ブルーの海。青の洞窟。のんびりシーカヤック。

t14-staff01

家事メン

まず目を奪われたのが透明感あふれるこの青い海。冒険気分を味わいながら、シーカヤックを乗りこなせたら子どもがとても喜びそうです。

technique06

頂上ごはんは格別!な「トレッキング」

image-06

(写真はイメージです)

t14-unknown01

すぴか
さん

山派です。昨日は山の日だったので、家族とともにトレッキングを楽しみました。頂上で食べるお弁当は、最高に美味しい‼

t14-staff01

家事メン

頂上を制したあとのお弁当は達成感が相まって、本当においしいですね。
即席お味噌汁持参も個人的にはオススメです。

topic02

定番スポーツに一工夫!
親子で作り上げるスポーツ体験

キャッチボールやサッカーなどは通常の休みの日にも子どもと楽しんでいるのですが、今年の夏休みはそれらの定番スポーツをアレンジしてみるのもいいですね。「こうすればもっと面白くなりそう」だったり、「こうしたら狭いところでも遊べそう」などと考えることで、親子の絆も子どもの考える力も深まりそうです。

technique01

家族一緒に「ラジオ体操」

image-07

(写真はイメージです)

t14-unknown01

isoiso
さん

秋田弁ラジオ体操のYouTubeを聞きながら子どもと体操♪普通のラジオ体操より大笑いできて朝から楽しめます!

t14-staff01

家事メン

私が子どもの頃、夏休みといえば「ラジオ体操」でした。
あの耳慣れたおなじみの音楽ではなく、こうしたアレンジ版があるのですね。

topic03

身近な環境でできる!
家族で楽しむアクティビティ体験

スポーツ、というと何か大それたことをしなければならないと思ってしまいがちですが、そんなことはありません。スポーツではなくとも、体を動かすアクティビティは近所の公園やおでかけ先でも十分楽しむことができるんですよ。

technique01

ショッピングモールの噴水で「水遊び」

image-08

t14-unknown01

えいみー
さん

気温が上がると、子供たちが噴水で遊ぶ様子が見れて楽しいですね。
私も一緒に涼みたい…。

t14-staff01

家事メン

えいみーさんの「私も一緒に涼みたい・・・」に共感です。

technique02

近所の公園で「泥遊び」

image-09

(写真はイメージです)

t14-unknown01

らぽぽ
さん

公園で思いっきり泥遊びしたときのこと。これは最強の泥汚れでした!

t14-staff01

家事メン

大人は思わず躊躇してしまう泥遊びですが、今年の夏はそのあとに待ち受ける洗たくのことは考えずに、子どもと一緒になって泥遊びにチャレンジするのもいいかもしれません。

technique03

「ドッグラン」で飼い犬と一緒に遊ぶ

image-10

(写真はイメージです)

t14-unknown01

あゆ氏
さん

可愛い二匹の、ワンコの寝息。
たくさんドッグランで遊んだあとは、二匹で寄り添い、気持ちよさそうな、寝息。
大事な家族、安心して寝てくれてると思うとホッとします。

t14-staff01

家事メン

昨今ドッグランを備えた施設が増えていますね。犬を飼われている方はお出かけ先のひとつとして、ドッグランを活用するのは手ですね。

technique04

帰省先で家族と「サイクリング」

image-11

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ゆーこ苺
さん

久しぶりに実家に帰って、家族とサイクリングして、いい汗かいた。帰省の際に、寄るようにしている、中学生の頃から通ってた地元の皮膚科が、突然閉まってて冷や汗。もう診てもらえないと思うと、すごくショックだった。

t14-staff01

家事メン

通っていた学校を家族で訪れたり、久しぶりに地元を巡ってみると新たな発見があるかもしれません。

topic04

ここに注意しよう!
家族で楽しむスポーツで気をつけたいこと

家族で行うスポーツはとても有意義ですが、ケガや事故などが心配です。安全にスポーツを楽しむためにも、注意すべきこと、気をつけたいことなどを家族みんなで共有しておきましょう。

technique01

気をつけたいこと「熱中症予防」

image-12

(写真はイメージです)

t14-unknown01

hina323
さん

夏、日帰りで遊びに行くときには濡れタオル+保冷剤と熱中症対策の飲み物がマストです。濡れタオルって汚れたときに手や顔を拭いたり、暑さを和らげたりとけっこう活躍してくれます。ただ、毎回友達には「おかあさーん(笑)」とからかわれます。

t14-staff01

家事メン

確かに濡れタオルは汗をかきやすい子どもには、あせも予防に使えたりといろいろ便利ですね。冷やしたタオルをクーラーボックスに保管しておけば、ひんやり感をキープできますね。

technique02

気をつけたいこと「虫さされと紫外線対策」

image-13

t14-unknown01

luana.
さん

最近いろんなバッグ作りにハマってます(^ ^)
こちらは夏の必需品、日焼け止めグッズなど娘の定番の持ち物を入れるために作りました★高さも約30㎝あるので虫除けスプレーの大きい缶でも持ち運べます★!ポケットが付いてるのでハンカチも簡単に取り出しやすいです★

t14-staff01

家事メン

こうしたバッグに必要な物をまとめておけば、いざ外出というときに慌てずにすみますし、安心ですね。

image-14

(写真はイメージです)

t14-unknown01

キャワ
さん

やはり虫よけスプレー、自宅では玄関や会社ではロッカーにおいて外出前にシュッ。オーガニックハーブを使ったアウトドア用のスプレーも最近出ています。蚊は足から出る匂いに集まるそうです。長ズボンを履くなど足元を中心に露出を控えます。

t14-staff01

家事メン

虫にさされないよう、キャワさんのように服装に注意しなければなりませんね。

technique03

気をつけたいこと「怪我に注意」

image-15

(写真はイメージです)

t14-unknown01

レゴシティ
さん

『ばんそうこう』です!
子どもがしょっちゅう怪我をするので(笑)
ばんそうこうを貼れば、すぐにご機嫌に遊び出すので、必須アイテムです。

t14-staff01

家事メン

なるほど。「絆創膏」を日焼け止めと熱中症対策グッズに追加ですね。

image-16

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ののきち
さん

無茶
子供には大怪我しない程度にやりたいようにやらせたいものです

t14-staff01

家事メン

ののきちさんがおっしゃるように、子どもは子どもらしくのびのびと過ごしてもらいたいですね。そのためには親としておおらかな気持ちで見守りたいものです。

夏休みは絶好のスポーツ&アクティビティシーズンです。親子一緒に有意義な体験を共有するのは素晴らしいことですよね。ことスポーツや体を動かすアクティビティとなると、同じ空間で共に時間を過ごすだけでは得られない絆や感動が生まれるはずです。「家族でスポーツ&アクティビティ」、今年の夏休みから始めてみませんか?

※このコンテンツは会員さまの投稿をピックアップして紹介したものであり、花王の見解ではございません。

くらしのコツを分かち合う、信頼のコミュニティ

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

Page Top