くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

くらしに役立つテクニック Powered by hoho!!

パパの腕の見せ所!
ママが本当にやってほしい
家事・育児のサポート法

家事メン編2017.06.19

t14-staff01

KAO

家事メン

こんにちは。仕事と家事と育児とに毎日奮闘している妻を持つ、家事メンの事務局スタッフH.Fです。

妻は、朝起きてから夜寝るまで(いや寝ている間も?)、明日の子どものお迎えや仕事の段取りなど、24時間常に頭と体を動かして考えています。

妻を含め育児中のママは、自分の時間をコントロールできなかったり、睡眠不足だったり、仕事と家事との両立で毎日精一杯頑張っています。

そんなときこそ頼りになってあげるべきは、当然夫であるこの私です。私も積極的に家事や育児に参加しているつもりですが、「やってほしいのはそこじゃない!」、「もっとこうしてほしい!」のようなストレスを妻が感じていないかヒヤヒヤしています。

そこで今回は、ママがパパに本当にやってほしい家事・育児についてご紹介します。

topic01

パパに家事と育児がシェアできたとき、
ママはこんなに喜んでいる!

毎日忙しいママたちは、パパに家事や育児をやってもらうことで、こんなに助かっているそうです。そんな喜びの声を聞いたら、パパたちも家事・育児にもっと励んでしまうこと請け合いです。

technique01

ママ友ランチにパパも参加、
ママにおしゃべりを楽しんでもらう

image-01

(写真はイメージです)

t14-unknown01

えいとくんまま
さん

休日に、息子を連れて友達と外でランチしたくて、でも子供をみてるとなかなかゆっくり喋られない。そんな時、パパは黙ってついてきてくれます。子供の面倒をみてくれるからほんと、助かるのです。隣で遊んでもらってご機嫌の息子を友達も見られて嬉しいです!

t14-staff01

家事メン

同じ男性として、えいとくんままさんのパパは尊敬に値します。でも、ママのたまの息抜きには、友人同士のおしゃべりを心から楽しんでもらいたいものです。私も次回、ママ友ランチに(邪魔しないように)参加してみたいと思います。

technique02

パパとお子さんの共同作業、
朝ごはんをママにプレゼント!

image-02

(写真はイメージです)

t14-unknown01

kikimama
さん

土曜日の朝は毎週寝坊してしまい、主人と子供が楽しそうに朝ごはんを作ってくれる音で目が覚めます。子供の声と、コーヒーの良いにおいに凄いうれしい気持ちになります。

t14-staff01

家事メン

朝食は一日のエネルギー源といいますが、パパとお子さんが作ってくれた朝食で、ママにさらに元気になってもらいたいものです。

topic02

パパ必読、即実践!
ママがパパに本当にしてほしい家事・育児

「本当はそうじゃないんだけど…」、「喜んでやってくれているみたいだから…」とパパに遠慮して、本当にやってほしい家事・育児をパパにシェアできないでいるママも多いと聞きます。今回は、ママがパパにしてほしい家事・育児についてご紹介します。

technique01

まずはやさしくやってみよう、
赤ちゃんの寝かしつけ

image-03

(写真はイメージです)

t14-unknown01

キャンディ
さん

いつも仕事で疲れて帰って来ても夕食の食器洗いと娘の寝かしつけは必ずパパがやってくれます。汗っかきのパパは今の時期汗だくになりながら、時にはグズる娘を抱っこして寝かしつけ。全て終え汗を光らせながらビールを美味しそうに飲むパパはカッコいいです。

t14-staff01

家事メン

汗だくになっての寝かしつけ、からのビールはさぞかしおいしいことでしょう。ビールを飲む前に寝かしつけをするキャンディさんのパパの気遣いを感じました。

technique02

本当はパパがやるべき!?
毎日の料理や洗い物

image-04

(写真はイメージです)

t14-unknown01

アジサイ
さん

共働きで子供二人いるのですが、パパが料理を毎食作ってくれて、家事を手伝ってくれているので助かり、料理も上手いので尊敬しています。

t14-staff01

家事メン

たまにではなく毎食料理を作ってくれるアジサイさんのパパ。そのうえ料理上手とは大変うらやましいです。

image-05

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ユウコ
さん

年々料理の腕が上がってるパパ!
結婚当初は包丁使ってるのを見るだけで怖かったけど、今はバッチリ!
いつもはうまく言葉にできないけど、ホントに感謝してます✨

t14-staff01

家事メン

私も最初は料理が苦手でした。今もそんなに得意ではないのですが、やはり圧倒的に料理をする回数が足りないのかもしれません。これからはもっと精進します。

technique03

毎日のことだからなおさら
子どもをお風呂に入れてくれるパパ、助かります!

image-06

(写真はイメージです)

t14-unknown01

syotaro
さん

お風呂だけ(?)はパパ担当。普段はなかなか口数の少ない男同士でいっぱい話して、大笑いしたり歌を歌ったりしています♪ママにはちょっとうらやましい。

t14-staff01

家事メン

男同士のコミュニケーション、これこそパパにしかできないことですね。子どもと二人きりになる機会はお風呂くらいなものですので、大切にしたい時間ですね。

image-07

(写真はイメージです)

t14-unknown01

かばぶぅ
さん

うちのパパは大の銭湯好き。日曜日には子供達と朝風呂に行きます。
それからというもの子供達も大のお風呂好きになって今では家でも朝風呂に入ってから学校に行きます。お風呂に入るために早ければ5時半ごろから起きだしています
寝坊もしないし、清潔な体で学校に行けるのでいいことずくめですね。

t14-staff01

家事メン

銭湯とは粋ですね。趣味とお子さまとのコミュニケーションが同時に行える上、ママにも手数をかけず、かつ、お子さまもお風呂好きになられたとは、すべてがうまくいったステキな事例ですね。

technique04

ママができない遊びだともっとうれしい!
パパに子どもと一緒に遊んでほしい

image-08

(写真はイメージです)

t14-unknown01

じゅんじゅん
さん

先月二人目を出産して、上の子の相手をしながら下の子のお世話をして、家事もして、毎日いっぱいいっぱいな中、今まであまり積極的に子供と遊ばなかった旦那が、上の子とよく遊ぶようになり、ママっ子だった上の子がパパっ子に!ちょっと寂しい気持ちもあるけど旦那に感謝‼

t14-staff01

家事メン

ママっ子だったお子さまがパパっ子に…、これはすごい変化ですね。これにはじゅんじゅんさんのパパもたいそう喜ばれたのではないでしょうか? たしかに少し寂しいですが、うれしさのほうが上回りますね。

image-09

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ひなまま
さん

家事はあまりやりませんが、育児はとても協力的な旦那さん。共働きなので休みの日には私の家事がはかどるように片手は三輪車を押し、片手は大型犬のリードを持ち、子供3人と犬1匹と共に1時間くらい散歩に行く姿はとってもたくましく助かります。

t14-staff01

家事メン

お子さま3人とワンちゃん1匹と散歩とは、まさにパパの底力が発揮された育児参加ですね。次の日が筋肉痛にならないか、個人的に心配してしまいますが、ママとお子さまの笑顔のためにはえんやこら!ですね。

technique05

案外見逃しがちなママサポート
ママが一人になる時間を作る

image-10

(写真はイメージです)

t14-unknown01

かなたママ
さん

この冬、結婚14年目にして待望の息子を授かった我が家。疲労困憊の私がゆっくりとお風呂に入れる様に主人が寝かしつけを毎日してくれます。お風呂にゆっくりと入りしばしのひとりを楽しんで寝室に入ると主人のぐーぐー言ってるいびきと息子のスースー言ってる寝息にホッと安心して眠りにつく幸せ!

t14-staff01

家事メン

パパがお子さまを寝かしつけている間にママが入浴、この連携プレーによってママの一人の時間が確保できるんですね。お風呂上がりのかなたママさんの表情が目に浮かびます。

technique06

もしかしてこれがイチバン大事かも!?
ママの愚痴を聞いてあげる

image-11

(写真はイメージです)

t14-unknown01

かえるのロバート
さん

「聞くメン」 です!
嬉しいこと・楽しいこと・悲しいことに、何にでも親身になって聞いてくれるメンです。
夫に聞いてもらうと、心が暖かく幸せな気分になりストレスが解消致します。
喋りすぎて時々、静か~にと言われることも (^_-)

t14-staff01

家事メン

ママの話を聞いてあげることで、ママの悩みやママが本当に望んでいることがわかるようになりますね。ママも気持ちが軽くなって、パパもママの気持ちがわかる、一石二鳥な時間です。

topic03

パパの苦手意識克服!
家事や育児はこんなに楽しい

ママがパパに本当にしてほしい家事や育児がわかったところで、それを実際にどうやって行動に移すといいのでしょうか? そのコツをご紹介します。

technique01

ママとパパで担当を分けて、
お互いの役割をハッキリさせる

image-12

(写真はイメージです)

t14-unknown01

ずーみん
さん

炊事、洗濯は私が担当。
買い物は主人が休みのときに一緒に行きます。
主人は電球替えたり、機械の修理担当です。とても助かっています

t14-staff01

家事メン

お互いに得意分野を担当する、これだとストレスも感じにくくいいですね。買い物もふたりで行くとデートにもなるし、楽しいですね。

technique02

夫婦間でスケジュールを
共有して、
できる・できないを
把握し合う

image-13

(写真はイメージです)

t14-unknown01

むらちゃん
さん

主人とお互いの予定、子供の行事等をスマホカレンダーやアプリで共有してます。
時間がなくて話せないときや、急な予定変更などリアルタイムでお互い確認できるので、スマホは便利で我が家では大活躍してます。

t14-staff01

家事メン

お互いのスケジュールを共有するのは便利ですね。それぞれの予定を把握しておくことで、無理なく家事育児をサポートしあえそうです。

いかがでしたか?
家事・育児について、「パパが協力してママが助かる」のではなく、ママとパパが同じく関わっていくことが大切であることが実感できました。これからはサポートではなくママと同じ立場で家事・育児に向き合いたいと思います。

※このコンテンツは会員さまの投稿をピックアップして紹介したものであり、花王の見解ではございません。

くらしのコツを分かち合う、信頼のコミュニティ

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

「みんなのホーホー」でくらしの知恵をもっと見る

Page Top