暮らし百景アーカイブ162

約束。大丈夫だよ。次の春も空を覆うほどの薄紅色であなたを迎えるから。今度は誰かを誘っておいで。もちろん一人で来ても歓迎するよ。花びらを舞い散らせ、桜は言った。今年もわたしは、樹下でその声を聞く。居場所が見つからない時期があった。高二の終わりに家の事情で転校し、見慣れない景色に覚えた違和感。教室の匂いやクラスメイトにも馴染めぬまま、新しい学年が始まろうとしていた。明日はずっと、起きないでおこう。なのにいつもより早く目覚める。空気でも入れ替えようと窓を開けると、風と共に花びらがひらひら、足元にこぼれた。「マンション建設予定地」と貼られた向かいの古家の塀から、薄紅色の枝が広がっている。今できることを、やるのだよ。桜は確かに言った。急いで制服に着替える。その言葉に応えるように。年齢を重ねるうち、自分では如何ともし難い理不尽さや不自由に出食わす。若い頃のそれなど笑い飛ばせるぐらい。そして案外身近なものに勇気を貰い、人生に折合いをつけていく。木は奇跡的にも倒されず、周りだけが変わっていった。今はデイケア施設の駐車場に咲く。毎年、花を仰ぎ見ながら、あの時の約束を思う。今できることを、精一杯やります。そしてまた次の春に、晴れやかな顔で会いに来ます。

約束。大丈夫だよ。次の春も空を覆うほどの薄紅色であなたを迎えるから。今度は誰かを誘っておいで。もちろん一人で来ても歓迎するよ。花びらを舞い散らせ、桜は言った。今年もわたしは、樹下でその声を聞く。居場所が見つからない時期があった。高二の終わりに家の事情で転校し、見慣れない景色に覚えた違和感。教室の匂いやクラスメイトにも馴染めぬまま、新しい学年が始まろうとしていた。明日はずっと、起きないでおこう。なのにいつもより早く目覚める。空気でも入れ替えようと窓を開けると、風と共に花びらがひらひら、足元にこぼれた。「マンション建設予定地」と貼られた向かいの古家の塀から、薄紅色の枝が広がっている。今できることを、やるのだよ。桜は確かに言った。急いで制服に着替える。その言葉に応えるように。年齢を重ねるうち、自分では如何ともし難い理不尽さや不自由に出食わす。若い頃のそれなど笑い飛ばせるぐらい。そして案外身近なものに勇気を貰い、人生に折合いをつけていく。木は奇跡的にも倒されず、周りだけが変わっていった。今はデイケア施設の駐車場に咲く。毎年、花を仰ぎ見ながら、あの時の約束を思う。今できることを、精一杯やります。そしてまた次の春に、晴れやかな顔で会いに来ます。

約束。大丈夫だよ。次の春も空を覆うほどの薄紅色であなたを迎えるから。今度は誰かを誘っておいで。もちろん一人で来ても歓迎するよ。花びらを舞い散らせ、桜は言った。今年もわたしは、樹下でその声を聞く。居場所が見つからない時期があった。高二の終わりに家の事情で転校し、見慣れない景色に覚えた違和感。教室の匂いやクラスメイトにも馴染めぬまま、新しい学年が始まろうとしていた。明日はずっと、起きないでおこう。なのにいつもより早く目覚める。空気でも入れ替えようと窓を開けると、風と共に花びらがひらひら、足元にこぼれた。「マンション建設予定地」と貼られた向かいの古家の塀から、薄紅色の枝が広がっている。今できることを、やるのだよ。桜は確かに言った。急いで制服に着替える。その言葉に応えるように。年齢を重ねるうち、自分では如何ともし難い理不尽さや不自由に出食わす。若い頃のそれなど笑い飛ばせるぐらい。そして案外身近なものに勇気を貰い、人生に折合いをつけていく。木は奇跡的にも倒されず、周りだけが変わっていった。今はデイケア施設の駐車場に咲く。毎年、花を仰ぎ見ながら、あの時の約束を思う。今できることを、精一杯やります。そしてまた次の春に、晴れやかな顔で会いに来ます。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top