暮らし百景アーカイブ161

置き忘れたモノ。転勤が決まり、引越しをすることになった。私にとって10年ぶりの荷造り。たまりにたまったものを整理するのが一仕事である。持って行くもの、拾てるもの、引き取ってもらうもの、さらにはあげるもの。ようやく区分けが終わった頃にはヘトヘ卜になっていた。が、人間これで完璧と思っても見落としがあるもので、自前のビリヤードのキュー(玉を突くあの棒のこと)をホームグランドにしていたお店に預けたままになっていることに気がついた。ビリヤードブームの頃に始めた青年も、もはや中年である。家でゴロゴロすることが多くなり、店から足が遠のき早3年、そのまますっかり忘れていたのだ。休日、店に足を運び事情を話すと「せっかくだから最後に突いていきませんか?」と誘われた。台が並ぶ2階にあがると、ちらほら知った顔がみえる。こちらに気づくと「オッ」という顔をし、私は「ヤッ」という顔で返す。久しぶりの対面で照れくさい。玉がはじける音、配置を読む間の静寂、そして会話をしながらゆったり楽しむ真剣勝負。そうこれこれ。この雰囲気こそビリヤードの醍醐味だ、と思い出したその瞬間、忘れものがストンと自分の手に戻ってきた。置いてきたのは、キューではなかった。この時間こそ忘れモノだったんだと、いまさらながら気が付いた。ひとしきり楽しんだ後、手についた滑り止めの青いチョークを洗い落としながら、転勤先で新しいお店を探そうかなと考えている。

置き忘れたモノ。転勤が決まり、引越しをすることになった。私にとって10年ぶりの荷造り。たまりにたまったものを整理するのが一仕事である。持って行くもの、拾てるもの、引き取ってもらうもの、さらにはあげるもの。ようやく区分けが終わった頃にはヘトヘ卜になっていた。が、人間これで完璧と思っても見落としがあるもので、自前のビリヤードのキュー(玉を突くあの棒のこと)をホームグランドにしていたお店に預けたままになっていることに気がついた。ビリヤードブームの頃に始めた青年も、もはや中年である。家でゴロゴロすることが多くなり、店から足が遠のき早3年、そのまますっかり忘れていたのだ。休日、店に足を運び事情を話すと「せっかくだから最後に突いていきませんか?」と誘われた。台が並ぶ2階にあがると、ちらほら知った顔がみえる。こちらに気づくと「オッ」という顔をし、私は「ヤッ」という顔で返す。久しぶりの対面で照れくさい。玉がはじける音、配置を読む間の静寂、そして会話をしながらゆったり楽しむ真剣勝負。そうこれこれ。この雰囲気こそビリヤードの醍醐味だ、と思い出したその瞬間、忘れものがストンと自分の手に戻ってきた。置いてきたのは、キューではなかった。この時間こそ忘れモノだったんだと、いまさらながら気が付いた。ひとしきり楽しんだ後、手についた滑り止めの青いチョークを洗い落としながら、転勤先で新しいお店を探そうかなと考えている。

置き忘れたモノ。転勤が決まり、引越しをすることになった。私にとって10年ぶりの荷造り。たまりにたまったものを整理するのが一仕事である。持って行くもの、拾てるもの、引き取ってもらうもの、さらにはあげるもの。ようやく区分けが終わった頃にはヘトヘ卜になっていた。が、人間これで完璧と思っても見落としがあるもので、自前のビリヤードのキュー(玉を突くあの棒のこと)をホームグランドにしていたお店に預けたままになっていることに気がついた。ビリヤードブームの頃に始めた青年も、もはや中年である。家でゴロゴロすることが多くなり、店から足が遠のき早3年、そのまますっかり忘れていたのだ。休日、店に足を運び事情を話すと「せっかくだから最後に突いていきませんか?」と誘われた。台が並ぶ2階にあがると、ちらほら知った顔がみえる。こちらに気づくと「オッ」という顔をし、私は「ヤッ」という顔で返す。久しぶりの対面で照れくさい。玉がはじける音、配置を読む間の静寂、そして会話をしながらゆったり楽しむ真剣勝負。そうこれこれ。この雰囲気こそビリヤードの醍醐味だ、と思い出したその瞬間、忘れものがストンと自分の手に戻ってきた。置いてきたのは、キューではなかった。この時間こそ忘れモノだったんだと、いまさらながら気が付いた。ひとしきり楽しんだ後、手についた滑り止めの青いチョークを洗い落としながら、転勤先で新しいお店を探そうかなと考えている。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top