暮らし百景アーカイブ152

ご対面前日。どういう風の吹き回し?それとも何かあったのかしら?いつもなら大そうじといっても、自分の部屋を片付けるのと、せいぜい私から強く言われて玄関と浴室を担当するだけの息子が、今年は早めにやろうと提案した。さすがに自分から言い出しただけあって、実にテキパキと良く働く。まさか社会人4年目にもなって、後で小遣いの無心でもなかろうに。ところがその日の夜、もっと意外な言葉が彼の口から飛び出した。「実は会ってもらいたい女性がいるんだけど、明日来ることになってるから」「え、なってるからって、そんな急に…」「都合悪い?」「悪くはないけど…、もう、あんたはいつも急なんだから。それでどういうお友達なの?」なぜか<友達>と語気を強めた私に、「ハハッ、母さん何つんけんしてんだよ」と、それまで黙っていた夫が上機嫌で口をはさむ。なによ、自分だって長女が初めて彼を家に連れて来た時、ろくに挨拶もしなかったくせに。今だから娘夫婦とも、あの時は困っちゃったわね、なんて笑えるけれど。うん、だから明日はなるだけ気軽な雰囲気で、彼女が緊張しないようにしなきゃ。たぶん近い将来、私の娘になる人だもの。でも、少しくらいは気をつかってもらってもいいかしら、なんてね。

ご対面前日。どういう風の吹き回し?それとも何かあったのかしら?いつもなら大そうじといっても、自分の部屋を片付けるのと、せいぜい私から強く言われて玄関と浴室を担当するだけの息子が、今年は早めにやろうと提案した。さすがに自分から言い出しただけあって、実にテキパキと良く働く。まさか社会人4年目にもなって、後で小遣いの無心でもなかろうに。ところがその日の夜、もっと意外な言葉が彼の口から飛び出した。「実は会ってもらいたい女性がいるんだけど、明日来ることになってるから」「え、なってるからって、そんな急に…」「都合悪い?」「悪くはないけど…、もう、あんたはいつも急なんだから。それでどういうお友達なの?」なぜか<友達>と語気を強めた私に、「ハハッ、母さん何つんけんしてんだよ」と、それまで黙っていた夫が上機嫌で口をはさむ。なによ、自分だって長女が初めて彼を家に連れて来た時、ろくに挨拶もしなかったくせに。今だから娘夫婦とも、あの時は困っちゃったわね、なんて笑えるけれど。うん、だから明日はなるだけ気軽な雰囲気で、彼女が緊張しないようにしなきゃ。たぶん近い将来、私の娘になる人だもの。でも、少しくらいは気をつかってもらってもいいかしら、なんてね。

ご対面前日。どういう風の吹き回し?それとも何かあったのかしら?いつもなら大そうじといっても、自分の部屋を片付けるのと、せいぜい私から強く言われて玄関と浴室を担当するだけの息子が、今年は早めにやろうと提案した。さすがに自分から言い出しただけあって、実にテキパキと良く働く。まさか社会人4年目にもなって、後で小遣いの無心でもなかろうに。ところがその日の夜、もっと意外な言葉が彼の口から飛び出した。「実は会ってもらいたい女性がいるんだけど、明日来ることになってるから」「え、なってるからって、そんな急に…」「都合悪い?」「悪くはないけど…、もう、あんたはいつも急なんだから。それでどういうお友達なの?」なぜか<友達>と語気を強めた私に、「ハハッ、母さん何つんけんしてんだよ」と、それまで黙っていた夫が上機嫌で口をはさむ。なによ、自分だって長女が初めて彼を家に連れて来た時、ろくに挨拶もしなかったくせに。今だから娘夫婦とも、あの時は困っちゃったわね、なんて笑えるけれど。うん、だから明日はなるだけ気軽な雰囲気で、彼女が緊張しないようにしなきゃ。たぶん近い将来、私の娘になる人だもの。でも、少しくらいは気をつかってもらってもいいかしら、なんてね。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top