暮らし百景アーカイブ143

満月の一日前に。ふいに目が覚め、一瞬どこにいるのか戸惑った。日差がまぶしい。空が広い。そうか、実家へ向かう電車の中だ。予定外のことだ。「腰が痛くて、起きられない」とひとり暮らしの母からの電話が午前十時。伝い歩きはできるものの、買い物は無理な様子だ。「主任、お母様のお世話に行ってください」メンバーの声にも押され、会社を早退した。最寄駅の商店街で、数日分の食料を買い込み、ひいきの団子屋にも寄った。母は弱ってはいたが、好物の団子をぺろりと平らげた。ひと安心し、掃除をしたり、夕飯の支度をしたりして、時間はあっという間に過ぎた。メールに気づいたのは、すっかり暗くなってからだ。「主任、企画はうまくまとまりました。私も、息子の発熱で早退することが多かったので、恩返しできました」午後に重要な打合せがあったのだが、すっかり忘れていた。メールの内容にほっとし、二児の母であるメンバーの頼もしさも感じながら、少しだけ寂しい気持ちもした。待てよ。この疎外感は、子育て中の彼女も感じていることではないか。「いいよ。進めておくから」快く送り出すことはしても、立ち会えない身になって考えたことはなかったな。仕事も家庭も親も大事。まあるく照らす月が、もっと広い目を持ちなさいと言っているような気がした。

満月の一日前に。ふいに目が覚め、一瞬どこにいるのか戸惑った。日差がまぶしい。空が広い。そうか、実家へ向かう電車の中だ。予定外のことだ。「腰が痛くて、起きられない」とひとり暮らしの母からの電話が午前十時。伝い歩きはできるものの、買い物は無理な様子だ。「主任、お母様のお世話に行ってください」メンバーの声にも押され、会社を早退した。最寄駅の商店街で、数日分の食料を買い込み、ひいきの団子屋にも寄った。母は弱ってはいたが、好物の団子をぺろりと平らげた。ひと安心し、掃除をしたり、夕飯の支度をしたりして、時間はあっという間に過ぎた。メールに気づいたのは、すっかり暗くなってからだ。「主任、企画はうまくまとまりました。私も、息子の発熱で早退することが多かったので、恩返しできました」午後に重要な打合せがあったのだが、すっかり忘れていた。メールの内容にほっとし、二児の母であるメンバーの頼もしさも感じながら、少しだけ寂しい気持ちもした。待てよ。この疎外感は、子育て中の彼女も感じていることではないか。「いいよ。進めておくから」快く送り出すことはしても、立ち会えない身になって考えたことはなかったな。仕事も家庭も親も大事。まあるく照らす月が、もっと広い目を持ちなさいと言っているような気がした。

満月の一日前に。ふいに目が覚め、一瞬どこにいるのか戸惑った。日差がまぶしい。空が広い。そうか、実家へ向かう電車の中だ。予定外のことだ。「腰が痛くて、起きられない」とひとり暮らしの母からの電話が午前十時。伝い歩きはできるものの、買い物は無理な様子だ。「主任、お母様のお世話に行ってください」メンバーの声にも押され、会社を早退した。最寄駅の商店街で、数日分の食料を買い込み、ひいきの団子屋にも寄った。母は弱ってはいたが、好物の団子をぺろりと平らげた。ひと安心し、掃除をしたり、夕飯の支度をしたりして、時間はあっという間に過ぎた。メールに気づいたのは、すっかり暗くなってからだ。「主任、企画はうまくまとまりました。私も、息子の発熱で早退することが多かったので、恩返しできました」午後に重要な打合せがあったのだが、すっかり忘れていた。メールの内容にほっとし、二児の母であるメンバーの頼もしさも感じながら、少しだけ寂しい気持ちもした。待てよ。この疎外感は、子育て中の彼女も感じていることではないか。「いいよ。進めておくから」快く送り出すことはしても、立ち会えない身になって考えたことはなかったな。仕事も家庭も親も大事。まあるく照らす月が、もっと広い目を持ちなさいと言っているような気がした。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top