暮らし百景アーカイブ139

進め、石巻貝!近所のお祭りで配っていたメダカを持ち帰ったのは、二年前、息子のコウタが小学一年生のとき。十匹いたメダカは増えたり減ったりしながら、今日も元気に泳いでいる。毎日のように眺めていたコウタは、案の定、だんだん興味を失って、今ではエサを忘れることもしばしば。結局、僕が世話をしていて、一番手間なのが水槽の掃除。数か月もするとコケで薄汚れてきて、メダカが見えなくなる。少しずつ水を入れ替えるのがよいと知っていてもマメにできない。そんなことを職場で話したら、縁日の金魚に飽きた娘さんに代わって、面倒を見ている上司が「石巻貝がいいよ」と教えてくれた。コケを食べる小さな貝らしい。さっそく帰り道、熱帯魚ショップで三匹手に入れた。水槽に入れるとじりじり動き始める。ひっくり返ると自力で戻れないらしく、その不器用さとか、コツコツとコケを食べるのが勤勉に思えて、応援したくなる。いいぞ、前へ進め、石巻貝。ゆっくりだっていいさ。「ねえ、夕飯にしない?」妻の声で我に返る。しばらくぼんやりと眺めていたらしい。さて、明日からまたがんばるとするか。僕の気持ちを汲みとったのか、水槽の端にたどり着いた石巻貝は、上に向かってゆっくりと進みはじめた。

進め、石巻貝!近所のお祭りで配っていたメダカを持ち帰ったのは、二年前、息子のコウタが小学一年生のとき。十匹いたメダカは増えたり減ったりしながら、今日も元気に泳いでいる。毎日のように眺めていたコウタは、案の定、だんだん興味を失って、今ではエサを忘れることもしばしば。結局、僕が世話をしていて、一番手間なのが水槽の掃除。数か月もするとコケで薄汚れてきて、メダカが見えなくなる。少しずつ水を入れ替えるのがよいと知っていてもマメにできない。そんなことを職場で話したら、縁日の金魚に飽きた娘さんに代わって、面倒を見ている上司が「石巻貝がいいよ」と教えてくれた。コケを食べる小さな貝らしい。さっそく帰り道、熱帯魚ショップで三匹手に入れた。水槽に入れるとじりじり動き始める。ひっくり返ると自力で戻れないらしく、その不器用さとか、コツコツとコケを食べるのが勤勉に思えて、応援したくなる。いいぞ、前へ進め、石巻貝。ゆっくりだっていいさ。「ねえ、夕飯にしない?」妻の声で我に返る。しばらくぼんやりと眺めていたらしい。さて、明日からまたがんばるとするか。僕の気持ちを汲みとったのか、水槽の端にたどり着いた石巻貝は、上に向かってゆっくりと進みはじめた。

進め、石巻貝!近所のお祭りで配っていたメダカを持ち帰ったのは、二年前、息子のコウタが小学一年生のとき。十匹いたメダカは増えたり減ったりしながら、今日も元気に泳いでいる。毎日のように眺めていたコウタは、案の定、だんだん興味を失って、今ではエサを忘れることもしばしば。結局、僕が世話をしていて、一番手間なのが水槽の掃除。数か月もするとコケで薄汚れてきて、メダカが見えなくなる。少しずつ水を入れ替えるのがよいと知っていてもマメにできない。そんなことを職場で話したら、縁日の金魚に飽きた娘さんに代わって、面倒を見ている上司が「石巻貝がいいよ」と教えてくれた。コケを食べる小さな貝らしい。さっそく帰り道、熱帯魚ショップで三匹手に入れた。水槽に入れるとじりじり動き始める。ひっくり返ると自力で戻れないらしく、その不器用さとか、コツコツとコケを食べるのが勤勉に思えて、応援したくなる。いいぞ、前へ進め、石巻貝。ゆっくりだっていいさ。「ねえ、夕飯にしない?」妻の声で我に返る。しばらくぼんやりと眺めていたらしい。さて、明日からまたがんばるとするか。僕の気持ちを汲みとったのか、水槽の端にたどり着いた石巻貝は、上に向かってゆっくりと進みはじめた。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top