暮らし百景アーカイブ100

よく判らない。近頃、頻繁に美術館や展覧会場へ出かける。そういった方面に強い興味がある訳ではない。案内状が届くからだ。先日行ったのは、ある区立美術館。いわゆる日曜画家の公募展覧会で、友人の作品が出品されている。その前には別の友人の公募写真展。書の展覧会にも出かけたな。そうそう、どっかの公会堂でのロック・フェスティバルにも出かけたな。そう、これらは皆、アマチュアの会。お披露目の会といったら失礼だろうか。とにかく、私と同世代の中年男達がいろいろやり始めているということだ。これは不思議ではない、定年間近や、その後の話であれば。若い頃、熱中していたことを再び始めたということだから。よく判らないのは、彼らはまだ現役ばりばりで、勤め先でも重要な地位にあり、さらに上を望める立場にあるのに何故、今かということである。さらによく判らないのは、洋菓子づくりにはまっている友人である。飲兵衛で甘いものには見向きもしなかった奴がである。園芸にこっている者もいる。「木を2種類知っている。松とそうでないのと」と嘯いていた男がである。どういうことか。余裕の表われか。可能性への自己追求か。自己完結欲求か。日々を有意義に過ごしたいという…、そんな理屈を考えていたら、友人達に異口同音に言われた。「お前はなにもやりたいことが無いのか。それがよく判らない」と。

よく判らない。近頃、頻繁に美術館や展覧会場へ出かける。そういった方面に強い興味がある訳ではない。案内状が届くからだ。先日行ったのは、ある区立美術館。いわゆる日曜画家の公募展覧会で、友人の作品が出品されている。その前には別の友人の公募写真展。書の展覧会にも出かけたな。そうそう、どっかの公会堂でのロック・フェスティバルにも出かけたな。そう、これらは皆、アマチュアの会。お披露目の会といったら失礼だろうか。とにかく、私と同世代の中年男達がいろいろやり始めているということだ。これは不思議ではない、定年間近や、その後の話であれば。若い頃、熱中していたことを再び始めたということだから。よく判らないのは、彼らはまだ現役ばりばりで、勤め先でも重要な地位にあり、さらに上を望める立場にあるのに何故、今かということである。さらによく判らないのは、洋菓子づくりにはまっている友人である。飲兵衛で甘いものには見向きもしなかった奴がである。園芸にこっている者もいる。「木を2種類知っている。松とそうでないのと」と嘯いていた男がである。どういうことか。余裕の表われか。可能性への自己追求か。自己完結欲求か。日々を有意義に過ごしたいという…、そんな理屈を考えていたら、友人達に異口同音に言われた。「お前はなにもやりたいことが無いのか。それがよく判らない」と。

よく判らない。近頃、頻繁に美術館や展覧会場へ出かける。そういった方面に強い興味がある訳ではない。案内状が届くからだ。先日行ったのは、ある区立美術館。いわゆる日曜画家の公募展覧会で、友人の作品が出品されている。その前には別の友人の公募写真展。書の展覧会にも出かけたな。そうそう、どっかの公会堂でのロック・フェスティバルにも出かけたな。そう、これらは皆、アマチュアの会。お披露目の会といったら失礼だろうか。とにかく、私と同世代の中年男達がいろいろやり始めているということだ。これは不思議ではない、定年間近や、その後の話であれば。若い頃、熱中していたことを再び始めたということだから。よく判らないのは、彼らはまだ現役ばりばりで、勤め先でも重要な地位にあり、さらに上を望める立場にあるのに何故、今かということである。さらによく判らないのは、洋菓子づくりにはまっている友人である。飲兵衛で甘いものには見向きもしなかった奴がである。園芸にこっている者もいる。「木を2種類知っている。松とそうでないのと」と嘯いていた男がである。どういうことか。余裕の表われか。可能性への自己追求か。自己完結欲求か。日々を有意義に過ごしたいという…、そんな理屈を考えていたら、友人達に異口同音に言われた。「お前はなにもやりたいことが無いのか。それがよく判らない」と。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top