暮らし百景アーカイブ84

秋風の微笑み。公園を吹き抜ける風が、時折ほおをなでる。その心地よさとは裏腹に、何かに急かされるような気持ちが、わたしの中に湧いてきた。洗濯物を干しかけで来たことも気になる。買い物だって済ませたい。昼食の準備が遅くなれば、子供のお昼寝も遅れてしまう。「はい、ごはん。」「これスープ。」二歳の娘は砂場の砂をスコップで固めては、わたしに差し出す。最近のお気に入りは、自分がおかあさんになって、“お料理”をすることだ。「あぁ、美味しかった。お腹いっぱい。かなちゃん、もう帰ろうよ。」「ヤダッ!」「だってぇ。ママ、やることあるもん。」押し問答を繰り返していると、ふと頭上から、優しい声が降ってきた。「わぁ、ママにごはん作ってあげてるの?偉いなぁ!」振り返ると、買い物袋を下げた品の良い白髪の婦人が、娘に微笑んでいた。「いいなぁ、子育て…。」婦人は、ふっとつぶやいた。「まるで、指の間からこぼれ落ちる砂のように、さぁーと過ぎていっちゃったわねぇ、子育ての時間って。」その柔らかな微笑みに誘われ、わたしは、いつも何かに追い立てられ、子供まで急かしてしまうことを話した。「おかあさんが急いでも急がなくても、子供は育っていくものよね…。」そうだ。今朝だってわたし一人が急いでいた。そうだ。こんな秋晴れだもの、ゆっくり買い物をしてから洗濯物を干したって、きっと夕方には乾く。たくさん遊んだ娘は、お昼を食べたら、すぐにぐっすり眠るだろう。公園からの帰り道、爽やかな風が、娘の髪をそっとなでる。「かなちゃん、風さん、気持ちいいね。」このままずっと、娘の小さな手を握っていたいな、と思った。

秋風の微笑み。公園を吹き抜ける風が、時折ほおをなでる。その心地よさとは裏腹に、何かに急かされるような気持ちが、わたしの中に湧いてきた。洗濯物を干しかけで来たことも気になる。買い物だって済ませたい。昼食の準備が遅くなれば、子供のお昼寝も遅れてしまう。「はい、ごはん。」「これスープ。」二歳の娘は砂場の砂をスコップで固めては、わたしに差し出す。最近のお気に入りは、自分がおかあさんになって、“お料理”をすることだ。「あぁ、美味しかった。お腹いっぱい。かなちゃん、もう帰ろうよ。」「ヤダッ!」「だってぇ。ママ、やることあるもん。」押し問答を繰り返していると、ふと頭上から、優しい声が降ってきた。「わぁ、ママにごはん作ってあげてるの?偉いなぁ!」振り返ると、買い物袋を下げた品の良い白髪の婦人が、娘に微笑んでいた。「いいなぁ、子育て…。」婦人は、ふっとつぶやいた。「まるで、指の間からこぼれ落ちる砂のように、さぁーと過ぎていっちゃったわねぇ、子育ての時間って。」その柔らかな微笑みに誘われ、わたしは、いつも何かに追い立てられ、子供まで急かしてしまうことを話した。「おかあさんが急いでも急がなくても、子供は育っていくものよね…。」そうだ。今朝だってわたし一人が急いでいた。そうだ。こんな秋晴れだもの、ゆっくり買い物をしてから洗濯物を干したって、きっと夕方には乾く。たくさん遊んだ娘は、お昼を食べたら、すぐにぐっすり眠るだろう。公園からの帰り道、爽やかな風が、娘の髪をそっとなでる。「かなちゃん、風さん、気持ちいいね。」このままずっと、娘の小さな手を握っていたいな、と思った。

秋風の微笑み。公園を吹き抜ける風が、時折ほおをなでる。その心地よさとは裏腹に、何かに急かされるような気持ちが、わたしの中に湧いてきた。洗濯物を干しかけで来たことも気になる。買い物だって済ませたい。昼食の準備が遅くなれば、子供のお昼寝も遅れてしまう。「はい、ごはん。」「これスープ。」二歳の娘は砂場の砂をスコップで固めては、わたしに差し出す。最近のお気に入りは、自分がおかあさんになって、“お料理”をすることだ。「あぁ、美味しかった。お腹いっぱい。かなちゃん、もう帰ろうよ。」「ヤダッ!」「だってぇ。ママ、やることあるもん。」押し問答を繰り返していると、ふと頭上から、優しい声が降ってきた。「わぁ、ママにごはん作ってあげてるの?偉いなぁ!」振り返ると、買い物袋を下げた品の良い白髪の婦人が、娘に微笑んでいた。「いいなぁ、子育て…。」婦人は、ふっとつぶやいた。「まるで、指の間からこぼれ落ちる砂のように、さぁーと過ぎていっちゃったわねぇ、子育ての時間って。」その柔らかな微笑みに誘われ、わたしは、いつも何かに追い立てられ、子供まで急かしてしまうことを話した。「おかあさんが急いでも急がなくても、子供は育っていくものよね…。」そうだ。今朝だってわたし一人が急いでいた。そうだ。こんな秋晴れだもの、ゆっくり買い物をしてから洗濯物を干したって、きっと夕方には乾く。たくさん遊んだ娘は、お昼を食べたら、すぐにぐっすり眠るだろう。公園からの帰り道、爽やかな風が、娘の髪をそっとなでる。「かなちゃん、風さん、気持ちいいね。」このままずっと、娘の小さな手を握っていたいな、と思った。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top