暮らし百景アーカイブ78

金魚のリレー。「おーい、金ちゃんにエサあげたか」「まだー。ちょっと待ってー」先週、家族の仲間入りした金ちゃんは、体長五センチほどの金魚。近所の神社の夏祭りで、息子が見事にゲットしたのだ。金魚すくいの店先は、ちょっとした人だかりだった。覗き込むと、次から次へと金魚をとる達人の姿が。浴衣を袖まくりしたおじさんのボウルには、二十匹以上はゆうにいたと思う。その手さばきに、かき氷を食べていた息子の目も釘付け。ブルーハワイで真っ青になった口で「やりたい!」と名乗りを上げた。人生初のチャレンジは、そう簡単にいかなかった。惜しい!今だ!息子の真剣な眼差しに、声援にも力が入る。しかし優雅に身をかわされ、空振りのまま、薄紙もだんだん破れてきた。六歳にはまだ難しかったか。父さんがとってやろうか、と言いかけた矢先、奇跡が起きた。やった!息子が見事にとったのは、朱色の模様も鮮やかな錦のべっぴんさん。すごいじゃないか。店のおじさんにも、いいのをとったと褒められて、息子も誇らしげだ。早速、家にあったペットボトルで即席の水槽を作り、インターネットでエサを調べた。考えたら金魚を飼うのは、小学生の時にお祭りでとって以来だ。人生ってリレーみたいにつながっていくんだな。毎日ごはんをあげる、と意気込んでいた息子は庭で水遊びに夢中だ。パンを小さくちぎりながら、そういえば、あの頃エサをあげてたのも、おふくろだったことを思い出した。

金魚のリレー。「おーい、金ちゃんにエサあげたか」「まだー。ちょっと待ってー」先週、家族の仲間入りした金ちゃんは、体長五センチほどの金魚。近所の神社の夏祭りで、息子が見事にゲットしたのだ。金魚すくいの店先は、ちょっとした人だかりだった。覗き込むと、次から次へと金魚をとる達人の姿が。浴衣を袖まくりしたおじさんのボウルには、二十匹以上はゆうにいたと思う。その手さばきに、かき氷を食べていた息子の目も釘付け。ブルーハワイで真っ青になった口で「やりたい!」と名乗りを上げた。人生初のチャレンジは、そう簡単にいかなかった。惜しい!今だ!息子の真剣な眼差しに、声援にも力が入る。しかし優雅に身をかわされ、空振りのまま、薄紙もだんだん破れてきた。六歳にはまだ難しかったか。父さんがとってやろうか、と言いかけた矢先、奇跡が起きた。やった!息子が見事にとったのは、朱色の模様も鮮やかな錦のべっぴんさん。すごいじゃないか。店のおじさんにも、いいのをとったと褒められて、息子も誇らしげだ。早速、家にあったペットボトルで即席の水槽を作り、インターネットでエサを調べた。考えたら金魚を飼うのは、小学生の時にお祭りでとって以来だ。人生ってリレーみたいにつながっていくんだな。毎日ごはんをあげる、と意気込んでいた息子は庭で水遊びに夢中だ。パンを小さくちぎりながら、そういえば、あの頃エサをあげてたのも、おふくろだったことを思い出した。

金魚のリレー。「おーい、金ちゃんにエサあげたか」「まだー。ちょっと待ってー」先週、家族の仲間入りした金ちゃんは、体長五センチほどの金魚。近所の神社の夏祭りで、息子が見事にゲットしたのだ。金魚すくいの店先は、ちょっとした人だかりだった。覗き込むと、次から次へと金魚をとる達人の姿が。浴衣を袖まくりしたおじさんのボウルには、二十匹以上はゆうにいたと思う。その手さばきに、かき氷を食べていた息子の目も釘付け。ブルーハワイで真っ青になった口で「やりたい!」と名乗りを上げた。人生初のチャレンジは、そう簡単にいかなかった。惜しい!今だ!息子の真剣な眼差しに、声援にも力が入る。しかし優雅に身をかわされ、空振りのまま、薄紙もだんだん破れてきた。六歳にはまだ難しかったか。父さんがとってやろうか、と言いかけた矢先、奇跡が起きた。やった!息子が見事にとったのは、朱色の模様も鮮やかな錦のべっぴんさん。すごいじゃないか。店のおじさんにも、いいのをとったと褒められて、息子も誇らしげだ。早速、家にあったペットボトルで即席の水槽を作り、インターネットでエサを調べた。考えたら金魚を飼うのは、小学生の時にお祭りでとって以来だ。人生ってリレーみたいにつながっていくんだな。毎日ごはんをあげる、と意気込んでいた息子は庭で水遊びに夢中だ。パンを小さくちぎりながら、そういえば、あの頃エサをあげてたのも、おふくろだったことを思い出した。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top