暮らし百景アーカイブ61

息子が里帰り中だ。今までは顔を見せたと思ったらすぐトンボ帰りだったのだが、今回はかれこれ今日で一週間。大学の試験も終わり(そして仲間との「卒業旅行」とやらも終わり)、あとは卒業式に出席するだけとのことだ。こちらでは地元の友人と会ったり、妻の買い物にも付き合ったらしい(妻曰く、6、7年ぶりの出来事だと)。4年間、彼がいったい大学で何を学んでいたのか、東京ではどんな生活だったのか、私はよく知らない。また聞いてもわからないだろう。ただ、それほど多くはない仕送りをするたびに、「無理しないでいいよ。バイトもしてるし」といった短いメールが妻には送られてきていたらしい。大体が、無口なやつだし…。明日東京に戻るという前の晩、息子が妙な格好で居間に入ってきた。さっきまで着ていたカジュアルなシャツに、とりあえずネクタイを締めている。「えーと、これで締め方いいんだよね」と息子。「まあ、合ってはいるけどな」と私。「何か長さのバランスが悪いんじゃない」と妻は笑い声まじり。「だよなあ」、息子はネクタイを解いて、ガラス窓に向かってまた締め直す。「お、いい感じ」、そしてこちらに向き直り、ペコリと頭を下げて言った。「4年間、ありがとう。すごい充実してたし、感謝してます。またしばらく家には来れないけど、ま、元気で」何が「ま、元気で」だ。生意気な。お前こそ、元気でやれよ…。春。息子はまた一歩、私達から離れて行った。頑張れよ。堂々とな。

息子が里帰り中だ。今までは顔を見せたと思ったらすぐトンボ帰りだったのだが、今回はかれこれ今日で一週間。大学の試験も終わり(そして仲間との「卒業旅行」とやらも終わり)、あとは卒業式に出席するだけとのことだ。こちらでは地元の友人と会ったり、妻の買い物にも付き合ったらしい(妻曰く、6、7年ぶりの出来事だと)。4年間、彼がいったい大学で何を学んでいたのか、東京ではどんな生活だったのか、私はよく知らない。また聞いてもわからないだろう。ただ、それほど多くはない仕送りをするたびに、「無理しないでいいよ。バイトもしてるし」といった短いメールが妻には送られてきていたらしい。大体が、無口なやつだし…。明日東京に戻るという前の晩、息子が妙な格好で居間に入ってきた。さっきまで着ていたカジュアルなシャツに、とりあえずネクタイを締めている。「えーと、これで締め方いいんだよね」と息子。「まあ、合ってはいるけどな」と私。「何か長さのバランスが悪いんじゃない」と妻は笑い声まじり。「だよなあ」、息子はネクタイを解いて、ガラス窓に向かってまた締め直す。「お、いい感じ」、そしてこちらに向き直り、ペコリと頭を下げて言った。「4年間、ありがとう。すごい充実してたし、感謝してます。またしばらく家には来れないけど、ま、元気で」何が「ま、元気で」だ。生意気な。お前こそ、元気でやれよ…。春。息子はまた一歩、私達から離れて行った。頑張れよ。堂々とな。

息子が里帰り中だ。今までは顔を見せたと思ったらすぐトンボ帰りだったのだが、今回はかれこれ今日で一週間。大学の試験も終わり(そして仲間との「卒業旅行」とやらも終わり)、あとは卒業式に出席するだけとのことだ。こちらでは地元の友人と会ったり、妻の買い物にも付き合ったらしい(妻曰く、6、7年ぶりの出来事だと)。4年間、彼がいったい大学で何を学んでいたのか、東京ではどんな生活だったのか、私はよく知らない。また聞いてもわからないだろう。ただ、それほど多くはない仕送りをするたびに、「無理しないでいいよ。バイトもしてるし」といった短いメールが妻には送られてきていたらしい。大体が、無口なやつだし…。明日東京に戻るという前の晩、息子が妙な格好で居間に入ってきた。さっきまで着ていたカジュアルなシャツに、とりあえずネクタイを締めている。「えーと、これで締め方いいんだよね」と息子。「まあ、合ってはいるけどな」と私。「何か長さのバランスが悪いんじゃない」と妻は笑い声まじり。「だよなあ」、息子はネクタイを解いて、ガラス窓に向かってまた締め直す。「お、いい感じ」、そしてこちらに向き直り、ペコリと頭を下げて言った。「4年間、ありがとう。すごい充実してたし、感謝してます。またしばらく家には来れないけど、ま、元気で」何が「ま、元気で」だ。生意気な。お前こそ、元気でやれよ…。春。息子はまた一歩、私達から離れて行った。頑張れよ。堂々とな。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top