暮らし百景アーカイブ56

元気、はためく。「どうして雨の日まで干すんだろうね。道路から丸見えだよ。」隣の軒下に出ている洗たく物を見て、今年、中学に上がる娘が言った。この町に越してきて三日目になるが、我が家にとって最大の謎である。ここは30年を過ぎた古い戸建ての分譲地。ご近所のお付き合いも深いだろうから、一日も早く溶けこみたいと思っているのに。お隣は昼間お留守のようで、まだご挨拶できていない。夫にどう思うか聞いてみると、隣は、八十のおじいさんだって、町内会長さんが言ってたよな。しかも、一人暮らしだって。おじいさんと、洗たく物。一人暮らしと、雨。う〜ん、わからないなぁ…。」と、謎は深まるばかり。すると翌日、町内会長さんが回覧板を持っていらした。今度の日曜日の総会について説明してくれた後、おっしゃった言葉に、ハッ!とした。「隣の清水さんへは、私が届けておきましょう。今日は、洗たく物がないので、具合が悪いんじゃないかと思って…。」そうか、あれは「今日も元気ですよ。」という、しるしだったんだ。その日、会長さんと一緒に初めて清水さんに会うことができた。幸い軽い風邪をひいただけとのことでホッとした。洗たく物は、ご近所に心配をかけまいとする清水さんの心使いだと言う。総会の日も、軒下には、そよ風にゆれる真っ白な洗たく物。私は夫とふたりで、清水さんに大きな声をかけた。「よかったら、公民館へ、ご一緒しませんか〜。」

元気、はためく。「どうして雨の日まで干すんだろうね。道路から丸見えだよ。」隣の軒下に出ている洗たく物を見て、今年、中学に上がる娘が言った。この町に越してきて三日目になるが、我が家にとって最大の謎である。ここは30年を過ぎた古い戸建ての分譲地。ご近所のお付き合いも深いだろうから、一日も早く溶けこみたいと思っているのに。お隣は昼間お留守のようで、まだご挨拶できていない。夫にどう思うか聞いてみると、隣は、八十のおじいさんだって、町内会長さんが言ってたよな。しかも、一人暮らしだって。おじいさんと、洗たく物。一人暮らしと、雨。う〜ん、わからないなぁ…。」と、謎は深まるばかり。すると翌日、町内会長さんが回覧板を持っていらした。今度の日曜日の総会について説明してくれた後、おっしゃった言葉に、ハッ!とした。「隣の清水さんへは、私が届けておきましょう。今日は、洗たく物がないので、具合が悪いんじゃないかと思って…。」そうか、あれは「今日も元気ですよ。」という、しるしだったんだ。その日、会長さんと一緒に初めて清水さんに会うことができた。幸い軽い風邪をひいただけとのことでホッとした。洗たく物は、ご近所に心配をかけまいとする清水さんの心使いだと言う。総会の日も、軒下には、そよ風にゆれる真っ白な洗たく物。私は夫とふたりで、清水さんに大きな声をかけた。「よかったら、公民館へ、ご一緒しませんか〜。」

元気、はためく。「どうして雨の日まで干すんだろうね。道路から丸見えだよ。」隣の軒下に出ている洗たく物を見て、今年、中学に上がる娘が言った。この町に越してきて三日目になるが、我が家にとって最大の謎である。ここは30年を過ぎた古い戸建ての分譲地。ご近所のお付き合いも深いだろうから、一日も早く溶けこみたいと思っているのに。お隣は昼間お留守のようで、まだご挨拶できていない。夫にどう思うか聞いてみると、隣は、八十のおじいさんだって、町内会長さんが言ってたよな。しかも、一人暮らしだって。おじいさんと、洗たく物。一人暮らしと、雨。う〜ん、わからないなぁ…。」と、謎は深まるばかり。すると翌日、町内会長さんが回覧板を持っていらした。今度の日曜日の総会について説明してくれた後、おっしゃった言葉に、ハッ!とした。「隣の清水さんへは、私が届けておきましょう。今日は、洗たく物がないので、具合が悪いんじゃないかと思って…。」そうか、あれは「今日も元気ですよ。」という、しるしだったんだ。その日、会長さんと一緒に初めて清水さんに会うことができた。幸い軽い風邪をひいただけとのことでホッとした。洗たく物は、ご近所に心配をかけまいとする清水さんの心使いだと言う。総会の日も、軒下には、そよ風にゆれる真っ白な洗たく物。私は夫とふたりで、清水さんに大きな声をかけた。「よかったら、公民館へ、ご一緒しませんか〜。」

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top