暮らし百景アーカイブ52

母の音色。雑踏の中に、ひときわ鮮やかなコートを見つけた。顔が見えるより先に、母だとわかった。母のお気に入りの、すみれ色のコート。母は、あと二週間で還暦を迎える。何か記念になるものを、といっても、服飾品くらいしか思い浮かばず、今日は本人を連れ立ち、買いにきたのだ。電話で欲しいものを聞いたとき、母は「ウクレレ」と答えた。一瞬意外に思ったが、すぐに合点がいった。私がまだ子どもの頃、家には古びたウクレレがあった。「これね、上京したとき、会社の寮の先輩が譲ってくれたの。見よう見まねで、結構弾けるようになって」母は首が据わったばかりの弟を抱きかかえながら、教えてくれた。何度か、弾いてくれることもあった。ゆったりと流れるその音に、子どもながらにうっとりした記憶もある。けれど、いつしか。私が中学校に、弟が小学校に行き始め、母がまた外に働きにいくようになると、その音色を聞くこともなくなった。するとウクレレの存在を、私自身も忘れていった。でもあれから30年、還暦を迎えようとしているいま、母はまた始めようとしている。きっかけはよくわからないが、娘にとってそれは、うれしいリクエストではあった。店に着くと、母はとまどいながらも、「これ試してもいいですか」と店員さんに声をかけた。ひとつ一つの音を、そしてかつての時間を確かめるように最初はゆっくりと、でも徐々に力強く奏でていく。お世辞にもうまいとは言えないが、でも味のある、聞き覚えのある音色だった。「また一から勉強しなおしね」そう言う母の声は、楽しそうに弾んでいた。

母の音色。雑踏の中に、ひときわ鮮やかなコートを見つけた。顔が見えるより先に、母だとわかった。母のお気に入りの、すみれ色のコート。母は、あと二週間で還暦を迎える。何か記念になるものを、といっても、服飾品くらいしか思い浮かばず、今日は本人を連れ立ち、買いにきたのだ。電話で欲しいものを聞いたとき、母は「ウクレレ」と答えた。一瞬意外に思ったが、すぐに合点がいった。私がまだ子どもの頃、家には古びたウクレレがあった。「これね、上京したとき、会社の寮の先輩が譲ってくれたの。見よう見まねで、結構弾けるようになって」母は首が据わったばかりの弟を抱きかかえながら、教えてくれた。何度か、弾いてくれることもあった。ゆったりと流れるその音に、子どもながらにうっとりした記憶もある。けれど、いつしか。私が中学校に、弟が小学校に行き始め、母がまた外に働きにいくようになると、その音色を聞くこともなくなった。するとウクレレの存在を、私自身も忘れていった。でもあれから30年、還暦を迎えようとしているいま、母はまた始めようとしている。きっかけはよくわからないが、娘にとってそれは、うれしいリクエストではあった。店に着くと、母はとまどいながらも、「これ試してもいいですか」と店員さんに声をかけた。ひとつ一つの音を、そしてかつての時間を確かめるように最初はゆっくりと、でも徐々に力強く奏でていく。お世辞にもうまいとは言えないが、でも味のある、聞き覚えのある音色だった。「また一から勉強しなおしね」そう言う母の声は、楽しそうに弾んでいた。

母の音色。雑踏の中に、ひときわ鮮やかなコートを見つけた。顔が見えるより先に、母だとわかった。母のお気に入りの、すみれ色のコート。母は、あと二週間で還暦を迎える。何か記念になるものを、といっても、服飾品くらいしか思い浮かばず、今日は本人を連れ立ち、買いにきたのだ。電話で欲しいものを聞いたとき、母は「ウクレレ」と答えた。一瞬意外に思ったが、すぐに合点がいった。私がまだ子どもの頃、家には古びたウクレレがあった。「これね、上京したとき、会社の寮の先輩が譲ってくれたの。見よう見まねで、結構弾けるようになって」母は首が据わったばかりの弟を抱きかかえながら、教えてくれた。何度か、弾いてくれることもあった。ゆったりと流れるその音に、子どもながらにうっとりした記憶もある。けれど、いつしか。私が中学校に、弟が小学校に行き始め、母がまた外に働きにいくようになると、その音色を聞くこともなくなった。するとウクレレの存在を、私自身も忘れていった。でもあれから30年、還暦を迎えようとしているいま、母はまた始めようとしている。きっかけはよくわからないが、娘にとってそれは、うれしいリクエストではあった。店に着くと、母はとまどいながらも、「これ試してもいいですか」と店員さんに声をかけた。ひとつ一つの音を、そしてかつての時間を確かめるように最初はゆっくりと、でも徐々に力強く奏でていく。お世辞にもうまいとは言えないが、でも味のある、聞き覚えのある音色だった。「また一から勉強しなおしね」そう言う母の声は、楽しそうに弾んでいた。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top