暮らし百景アーカイブ46

ウインター・ガーデン。息子を学校に送り出して、リビングに戻ると、白くくもった窓ガラスいっぱいに、指でかいた夢の庭が広がっていた。今朝はやけにグズグズしていると思ったら、こんな大作に取り組んでいたわけか。「ぼく、犬が飼いたいな」そんな息子の口癖どおり、耳の長い子犬が駆け回っている。大きな木、小さな木、ひときわ立派で登りやすそうな大木には、色づいた柿の実(たぶん)。もくもくと煙を上げているのは、たき火だろう。この間、おじいちゃんの家でやった焼きいもが、よほど楽しかったとみえる。賃貸マンションの一階。ベランダがないかわりに、ネコの額ほどの専用庭。それでも引っ越してきた頃は、ガーデニングでもやろうかな、なんて思っていたのだ。いつのまにか収集日までの一時ゴミ置き場と化した殺風景なその庭を、くもりガラスのフィルターがふんわりぼかして、その上に息子の空想庭園が重なる、不思議な風景。規則があるから犬はムリだけど、実のなる鉢植えをたくさん置いたら、小鳥ぐらいは遊びに来るかもしれない。本日のお掃除メニューにあったガラス拭きは中止にして、私は余白に、昔憧れだったブランコをかき足した。日が高くなれば消えてしまう、夢の庭。けれど、日が暮れて、息子が帰り、夫が帰り、うちの中が暖かくなれば、また浮かび上がるだろう。そうだ。今夜はお鍋にしよう。

ウインター・ガーデン。息子を学校に送り出して、リビングに戻ると、白くくもった窓ガラスいっぱいに、指でかいた夢の庭が広がっていた。今朝はやけにグズグズしていると思ったら、こんな大作に取り組んでいたわけか。「ぼく、犬が飼いたいな」そんな息子の口癖どおり、耳の長い子犬が駆け回っている。大きな木、小さな木、ひときわ立派で登りやすそうな大木には、色づいた柿の実(たぶん)。もくもくと煙を上げているのは、たき火だろう。この間、おじいちゃんの家でやった焼きいもが、よほど楽しかったとみえる。賃貸マンションの一階。ベランダがないかわりに、ネコの額ほどの専用庭。それでも引っ越してきた頃は、ガーデニングでもやろうかな、なんて思っていたのだ。いつのまにか収集日までの一時ゴミ置き場と化した殺風景なその庭を、くもりガラスのフィルターがふんわりぼかして、その上に息子の空想庭園が重なる、不思議な風景。規則があるから犬はムリだけど、実のなる鉢植えをたくさん置いたら、小鳥ぐらいは遊びに来るかもしれない。本日のお掃除メニューにあったガラス拭きは中止にして、私は余白に、昔憧れだったブランコをかき足した。日が高くなれば消えてしまう、夢の庭。けれど、日が暮れて、息子が帰り、夫が帰り、うちの中が暖かくなれば、また浮かび上がるだろう。そうだ。今夜はお鍋にしよう。

ウインター・ガーデン。息子を学校に送り出して、リビングに戻ると、白くくもった窓ガラスいっぱいに、指でかいた夢の庭が広がっていた。今朝はやけにグズグズしていると思ったら、こんな大作に取り組んでいたわけか。「ぼく、犬が飼いたいな」そんな息子の口癖どおり、耳の長い子犬が駆け回っている。大きな木、小さな木、ひときわ立派で登りやすそうな大木には、色づいた柿の実(たぶん)。もくもくと煙を上げているのは、たき火だろう。この間、おじいちゃんの家でやった焼きいもが、よほど楽しかったとみえる。賃貸マンションの一階。ベランダがないかわりに、ネコの額ほどの専用庭。それでも引っ越してきた頃は、ガーデニングでもやろうかな、なんて思っていたのだ。いつのまにか収集日までの一時ゴミ置き場と化した殺風景なその庭を、くもりガラスのフィルターがふんわりぼかして、その上に息子の空想庭園が重なる、不思議な風景。規則があるから犬はムリだけど、実のなる鉢植えをたくさん置いたら、小鳥ぐらいは遊びに来るかもしれない。本日のお掃除メニューにあったガラス拭きは中止にして、私は余白に、昔憧れだったブランコをかき足した。日が高くなれば消えてしまう、夢の庭。けれど、日が暮れて、息子が帰り、夫が帰り、うちの中が暖かくなれば、また浮かび上がるだろう。そうだ。今夜はお鍋にしよう。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top