暮らし百景アーカイブ45

父の祭り。田舎の父から突然電話があった。東京で開かれる寮歌祭に顔を出すので、二晩泊めてくれという。旧制学校で歌い継がれてきた寮歌。それを学帽・高下駄姿で歌い上げて、青春の日々に帰る寮歌祭という祭りがあるとは知らなかったが、そもそも父がそんなバンカラな時代を謳歌した学生だったのも初耳だった。日頃無口な父も上京してきた夜は、晩酌の酔いが手伝ってか、いつになく口が軽かった。孫娘を膝に昔話に花が咲いた。通ったのが旧制の流れを汲む大学で、当時は全寮制だったこと。陸上競技を続けるべく、運動部の学生が集まる寮に入ったこと。そこでは入学式の前に「入寮式」を済ませるのが伝統だったこと。あまりの歓迎ぶりに度を越して腰が抜け、両肩を先輩に担がれたまま入学式に出るはめになったこと。どれも初めて聞く話ばかりだった。昭和初め生まれといえば、当時の気風を受け継ぐ最後の世代ではなかろうか。年の割に筋肉の張った背中はさすが長距離走で鳴らした風だが、退職前に比べると肉が落ちた印象は否めない。父の知られざる一面を知る機会は決して多過ぎはしないかもしれない。会社勤めは面白かった?どんな父親になろうと思った?今まで照れもあって口に出せなかった質問が、その夜を境に次々と出るようになった。昔のバンカラ話をきっかけに、すっかり胸襟を開き合った父子の夜だった。

父の祭り。田舎の父から突然電話があった。東京で開かれる寮歌祭に顔を出すので、二晩泊めてくれという。旧制学校で歌い継がれてきた寮歌。それを学帽・高下駄姿で歌い上げて、青春の日々に帰る寮歌祭という祭りがあるとは知らなかったが、そもそも父がそんなバンカラな時代を謳歌した学生だったのも初耳だった。日頃無口な父も上京してきた夜は、晩酌の酔いが手伝ってか、いつになく口が軽かった。孫娘を膝に昔話に花が咲いた。通ったのが旧制の流れを汲む大学で、当時は全寮制だったこと。陸上競技を続けるべく、運動部の学生が集まる寮に入ったこと。そこでは入学式の前に「入寮式」を済ませるのが伝統だったこと。あまりの歓迎ぶりに度を越して腰が抜け、両肩を先輩に担がれたまま入学式に出るはめになったこと。どれも初めて聞く話ばかりだった。昭和初め生まれといえば、当時の気風を受け継ぐ最後の世代ではなかろうか。年の割に筋肉の張った背中はさすが長距離走で鳴らした風だが、退職前に比べると肉が落ちた印象は否めない。父の知られざる一面を知る機会は決して多過ぎはしないかもしれない。会社勤めは面白かった?どんな父親になろうと思った?今まで照れもあって口に出せなかった質問が、その夜を境に次々と出るようになった。昔のバンカラ話をきっかけに、すっかり胸襟を開き合った父子の夜だった。

父の祭り。田舎の父から突然電話があった。東京で開かれる寮歌祭に顔を出すので、二晩泊めてくれという。旧制学校で歌い継がれてきた寮歌。それを学帽・高下駄姿で歌い上げて、青春の日々に帰る寮歌祭という祭りがあるとは知らなかったが、そもそも父がそんなバンカラな時代を謳歌した学生だったのも初耳だった。日頃無口な父も上京してきた夜は、晩酌の酔いが手伝ってか、いつになく口が軽かった。孫娘を膝に昔話に花が咲いた。通ったのが旧制の流れを汲む大学で、当時は全寮制だったこと。陸上競技を続けるべく、運動部の学生が集まる寮に入ったこと。そこでは入学式の前に「入寮式」を済ませるのが伝統だったこと。あまりの歓迎ぶりに度を越して腰が抜け、両肩を先輩に担がれたまま入学式に出るはめになったこと。どれも初めて聞く話ばかりだった。昭和初め生まれといえば、当時の気風を受け継ぐ最後の世代ではなかろうか。年の割に筋肉の張った背中はさすが長距離走で鳴らした風だが、退職前に比べると肉が落ちた印象は否めない。父の知られざる一面を知る機会は決して多過ぎはしないかもしれない。会社勤めは面白かった?どんな父親になろうと思った?今まで照れもあって口に出せなかった質問が、その夜を境に次々と出るようになった。昔のバンカラ話をきっかけに、すっかり胸襟を開き合った父子の夜だった。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top