暮らし百景アーカイブ35

朝の儀式。「いってらっしゃ〜い、お仕事がんばってねえ〜」朝の静けさを破って、娘の甲高い声が町内に響きわたる。驚きのあまり足を止める、サラリーマン諸氏。あきれ顔の女子学生。忍び笑いの近所の主婦たち。8時きっかりに家を出る、私のお見送りが、わが愛娘の毎朝の儀式なのである。マンションの2階の窓から、小さな顔が見え隠れする。もみじのような手が、ちぎれんばかりに振られる。定時に帰れそうな日は、「早く帰ってきてねえ〜」。飲み会の予定のある日は、「飲み過ぎないでねえ〜」。妻との会話を盗み聞いて、下の句を変えるのがご愛嬌である。そんな娘も、来年は小学生。以前は妻に抱きかかえられて、やっと顔をのぞかせていたが、近頃はつま先立ちで事足りるらしい。それにしても子供の声ってよく通るものだな。恥ずかしいやら、うれしいやら。いつまでこの儀式を続けてくれるのかしら。先々を考えて、ちょっぴり寂しいやら…。いろんな思いに頭をめぐらしながら、2回振り向いて、2回手を振り返す。それが私の毎朝の儀式なのである。

朝の儀式。「いってらっしゃ〜い、お仕事がんばってねえ〜」朝の静けさを破って、娘の甲高い声が町内に響きわたる。驚きのあまり足を止める、サラリーマン諸氏。あきれ顔の女子学生。忍び笑いの近所の主婦たち。8時きっかりに家を出る、私のお見送りが、わが愛娘の毎朝の儀式なのである。マンションの2階の窓から、小さな顔が見え隠れする。もみじのような手が、ちぎれんばかりに振られる。定時に帰れそうな日は、「早く帰ってきてねえ〜」。飲み会の予定のある日は、「飲み過ぎないでねえ〜」。妻との会話を盗み聞いて、下の句を変えるのがご愛嬌である。そんな娘も、来年は小学生。以前は妻に抱きかかえられて、やっと顔をのぞかせていたが、近頃はつま先立ちで事足りるらしい。それにしても子供の声ってよく通るものだな。恥ずかしいやら、うれしいやら。いつまでこの儀式を続けてくれるのかしら。先々を考えて、ちょっぴり寂しいやら…。いろんな思いに頭をめぐらしながら、2回振り向いて、2回手を振り返す。それが私の毎朝の儀式なのである。

朝の儀式。「いってらっしゃ〜い、お仕事がんばってねえ〜」朝の静けさを破って、娘の甲高い声が町内に響きわたる。驚きのあまり足を止める、サラリーマン諸氏。あきれ顔の女子学生。忍び笑いの近所の主婦たち。8時きっかりに家を出る、私のお見送りが、わが愛娘の毎朝の儀式なのである。マンションの2階の窓から、小さな顔が見え隠れする。もみじのような手が、ちぎれんばかりに振られる。定時に帰れそうな日は、「早く帰ってきてねえ〜」。飲み会の予定のある日は、「飲み過ぎないでねえ〜」。妻との会話を盗み聞いて、下の句を変えるのがご愛嬌である。そんな娘も、来年は小学生。以前は妻に抱きかかえられて、やっと顔をのぞかせていたが、近頃はつま先立ちで事足りるらしい。それにしても子供の声ってよく通るものだな。恥ずかしいやら、うれしいやら。いつまでこの儀式を続けてくれるのかしら。先々を考えて、ちょっぴり寂しいやら…。いろんな思いに頭をめぐらしながら、2回振り向いて、2回手を振り返す。それが私の毎朝の儀式なのである。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top