暮らし百景アーカイブ33

夏空の白いシーツ。「ちょっと一息つける時期になりました。先日は奥さんを連れてきてくれてありがとう。いつまでも自分の家のように遊びに来てください」夏の旅行からしばらくたって、泊まった民宿からハガキが届いた。宿主の、いつもの丸っこい字が並んでいた。北海道のその小さな宿で、まず思い浮かぶのは、青空と洗濯物の風景だ。牧草地の外れの一軒家。まっしろなシーツが何枚も干してあり、なかには客が自分で洗濯したシャツやズボンも混じっている。連泊者が多いためだ。遮るもののない大空の下、盛大にはためく洗濯物はすがすがしく、旅の緊張もほぐれていくような眺めだった。宿主は気さくな人で、学生時代はいつも長逗留をした。勤めてからも、夏休みには、自然に足が向いた。そんな付き合いが15年続いている。この夏、初めて妻を連れていった。春先に結婚したのだが、忙しくて旅行どころではなかったし、私が宿のことを嬉しそうに話すことに興味を示したからだ。——そんな大切な場所なら、私も訪ねてみたいわ。路線バスを降りて、二人で宿へむかって歩くと、夏の日差しのなか、白いシーツの列が目に入った。妻が言う。「気持ちいい眺め。シーツもこんなとこで干してもらえたら幸せね」見慣れた洗濯物の景色が、その時、急にまぶしいものに感じられた。ハガキの礼として、私は滞在中の写真を、妻は大きめのテーブルクロスを宅配便の袋に詰めた。あちらではもう秋の空が広がっているに違いない。

夏空の白いシーツ。「ちょっと一息つける時期になりました。先日は奥さんを連れてきてくれてありがとう。いつまでも自分の家のように遊びに来てください」夏の旅行からしばらくたって、泊まった民宿からハガキが届いた。宿主の、いつもの丸っこい字が並んでいた。北海道のその小さな宿で、まず思い浮かぶのは、青空と洗濯物の風景だ。牧草地の外れの一軒家。まっしろなシーツが何枚も干してあり、なかには客が自分で洗濯したシャツやズボンも混じっている。連泊者が多いためだ。遮るもののない大空の下、盛大にはためく洗濯物はすがすがしく、旅の緊張もほぐれていくような眺めだった。宿主は気さくな人で、学生時代はいつも長逗留をした。勤めてからも、夏休みには、自然に足が向いた。そんな付き合いが15年続いている。この夏、初めて妻を連れていった。春先に結婚したのだが、忙しくて旅行どころではなかったし、私が宿のことを嬉しそうに話すことに興味を示したからだ。——そんな大切な場所なら、私も訪ねてみたいわ。路線バスを降りて、二人で宿へむかって歩くと、夏の日差しのなか、白いシーツの列が目に入った。妻が言う。「気持ちいい眺め。シーツもこんなとこで干してもらえたら幸せね」見慣れた洗濯物の景色が、その時、急にまぶしいものに感じられた。ハガキの礼として、私は滞在中の写真を、妻は大きめのテーブルクロスを宅配便の袋に詰めた。あちらではもう秋の空が広がっているに違いない。

夏空の白いシーツ。「ちょっと一息つける時期になりました。先日は奥さんを連れてきてくれてありがとう。いつまでも自分の家のように遊びに来てください」夏の旅行からしばらくたって、泊まった民宿からハガキが届いた。宿主の、いつもの丸っこい字が並んでいた。北海道のその小さな宿で、まず思い浮かぶのは、青空と洗濯物の風景だ。牧草地の外れの一軒家。まっしろなシーツが何枚も干してあり、なかには客が自分で洗濯したシャツやズボンも混じっている。連泊者が多いためだ。遮るもののない大空の下、盛大にはためく洗濯物はすがすがしく、旅の緊張もほぐれていくような眺めだった。宿主は気さくな人で、学生時代はいつも長逗留をした。勤めてからも、夏休みには、自然に足が向いた。そんな付き合いが15年続いている。この夏、初めて妻を連れていった。春先に結婚したのだが、忙しくて旅行どころではなかったし、私が宿のことを嬉しそうに話すことに興味を示したからだ。——そんな大切な場所なら、私も訪ねてみたいわ。路線バスを降りて、二人で宿へむかって歩くと、夏の日差しのなか、白いシーツの列が目に入った。妻が言う。「気持ちいい眺め。シーツもこんなとこで干してもらえたら幸せね」見慣れた洗濯物の景色が、その時、急にまぶしいものに感じられた。ハガキの礼として、私は滞在中の写真を、妻は大きめのテーブルクロスを宅配便の袋に詰めた。あちらではもう秋の空が広がっているに違いない。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top