暮らし百景アーカイブ24

朝顔の季節。長雨のおかげか、ベランダが急ににぎやかになってきた。支柱に蔓が盛んに絡み始める。朝顔の季節が始まった。「いっぱい咲くといいね」と息子。そう、私も今年の夏が楽しみだ。二ヶ月前のことだ。八歳の息子が朝顔の「観察日記」を始めると言い出した。自然に親しむのはいいこととOKしたら、プランターを4つも買ってきた。土はお父さんにというので仕方がない。園芸センターで車のトランクいっぱいに赤玉や培養土を詰め込む羽目となった。当然、花壇づくりにも手を貸すことになる。まず、石鹸を用意させる。「セッケン?」そう、爪で石鹸をひっかくと、泥が入らないし、洗う時もラクだろうと、息子に土いじりの鉄則を教える。種を播き終えて、「これから、ベランダのお掃除係は君だな」と告げる。「えーっ」「だって、汚いとこじゃ、花も咲く気がしないんじゃないかな」それから二ヶ月。プランターの前に満足そうにしゃがみこむ息子。と、「ねぇ、この子どうする、抜いちゃう?」見れば、今頃やっと芽を出したひ弱な双葉。「いや、こういうのが案外立派に育つんだ。大器晩成の朝顔かな」「タイキ……?」「小さい頃は、だめでも、大きくなって偉くなるってこと。お父さんみたいな人かな」「じゃ、ぼくはお父さんと同じだ。だから今はあまり誉められなくてもいいんだよね——」この遅れてきた朝顔がほんとうに立派に育つのか、にわかに、私は大きな責任を負わされたような気がした。

朝顔の季節。長雨のおかげか、ベランダが急ににぎやかになってきた。支柱に蔓が盛んに絡み始める。朝顔の季節が始まった。「いっぱい咲くといいね」と息子。そう、私も今年の夏が楽しみだ。二ヶ月前のことだ。八歳の息子が朝顔の「観察日記」を始めると言い出した。自然に親しむのはいいこととOKしたら、プランターを4つも買ってきた。土はお父さんにというので仕方がない。園芸センターで車のトランクいっぱいに赤玉や培養土を詰め込む羽目となった。当然、花壇づくりにも手を貸すことになる。まず、石鹸を用意させる。「セッケン?」そう、爪で石鹸をひっかくと、泥が入らないし、洗う時もラクだろうと、息子に土いじりの鉄則を教える。種を播き終えて、「これから、ベランダのお掃除係は君だな」と告げる。「えーっ」「だって、汚いとこじゃ、花も咲く気がしないんじゃないかな」それから二ヶ月。プランターの前に満足そうにしゃがみこむ息子。と、「ねぇ、この子どうする、抜いちゃう?」見れば、今頃やっと芽を出したひ弱な双葉。「いや、こういうのが案外立派に育つんだ。大器晩成の朝顔かな」「タイキ……?」「小さい頃は、だめでも、大きくなって偉くなるってこと。お父さんみたいな人かな」「じゃ、ぼくはお父さんと同じだ。だから今はあまり誉められなくてもいいんだよね——」この遅れてきた朝顔がほんとうに立派に育つのか、にわかに、私は大きな責任を負わされたような気がした。

朝顔の季節。長雨のおかげか、ベランダが急ににぎやかになってきた。支柱に蔓が盛んに絡み始める。朝顔の季節が始まった。「いっぱい咲くといいね」と息子。そう、私も今年の夏が楽しみだ。二ヶ月前のことだ。八歳の息子が朝顔の「観察日記」を始めると言い出した。自然に親しむのはいいこととOKしたら、プランターを4つも買ってきた。土はお父さんにというので仕方がない。園芸センターで車のトランクいっぱいに赤玉や培養土を詰め込む羽目となった。当然、花壇づくりにも手を貸すことになる。まず、石鹸を用意させる。「セッケン?」そう、爪で石鹸をひっかくと、泥が入らないし、洗う時もラクだろうと、息子に土いじりの鉄則を教える。種を播き終えて、「これから、ベランダのお掃除係は君だな」と告げる。「えーっ」「だって、汚いとこじゃ、花も咲く気がしないんじゃないかな」それから二ヶ月。プランターの前に満足そうにしゃがみこむ息子。と、「ねぇ、この子どうする、抜いちゃう?」見れば、今頃やっと芽を出したひ弱な双葉。「いや、こういうのが案外立派に育つんだ。大器晩成の朝顔かな」「タイキ……?」「小さい頃は、だめでも、大きくなって偉くなるってこと。お父さんみたいな人かな」「じゃ、ぼくはお父さんと同じだ。だから今はあまり誉められなくてもいいんだよね——」この遅れてきた朝顔がほんとうに立派に育つのか、にわかに、私は大きな責任を負わされたような気がした。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top