暮らし百景アーカイブ6

二人でシネマへ。二人きりで映画館へ行くなんて、何年ぶり、いや十何年ぶりだろうか。鑑賞券を二枚、友人からもらった。そんなきっかけでも無かったら、あと何年足が遠のいたことやら。独身時代に通いつめた劇場は、立派な背もたれの、洒落た内装に変わっていた。あの頃のようにポップコーンの器を抱えて、通路脇の席に並んで座る。「変わらないのね、左側を選ぶ癖」そう、なぜだかスクリーン向かって左側の席に座らないと居心地が悪いのだ。「あらすじを先に読んでしまう癖も」とたたみかける妻に、パンフレットから顔をあげて苦笑いする私。妻とは映画を通じて結ばれたといっても過言ではなかろう。同期で一番人気だった彼女を強引に誘った口実も、互いの相性や嗜好に気づかされたのも映画だった。そんなスクリーンの申し子たち(?)もやがて子宝に恵まれ、子育てが生活の中心になるにつれて、劇場へ足を運ぶ余裕を失ってしまった…。突然の轟音に、思わず背筋が震える。最新の音響設備の迫力に肝を冷やしつつ、ふと気づくと、肘かけにもたれた私の腕を妻が力一杯握りしめていた。怖がりなところがよく似た二人、子供も親離れする年頃になったことだし、一緒に過ごす時間をもっと大切にしないとね。暗闇の中、のぞき見た彼女の横顔は若々しく、少し紅潮して見えた。

二人でシネマへ。二人きりで映画館へ行くなんて、何年ぶり、いや十何年ぶりだろうか。鑑賞券を二枚、友人からもらった。そんなきっかけでも無かったら、あと何年足が遠のいたことやら。独身時代に通いつめた劇場は、立派な背もたれの、洒落た内装に変わっていた。あの頃のようにポップコーンの器を抱えて、通路脇の席に並んで座る。「変わらないのね、左側を選ぶ癖」そう、なぜだかスクリーン向かって左側の席に座らないと居心地が悪いのだ。「あらすじを先に読んでしまう癖も」とたたみかける妻に、パンフレットから顔をあげて苦笑いする私。妻とは映画を通じて結ばれたといっても過言ではなかろう。同期で一番人気だった彼女を強引に誘った口実も、互いの相性や嗜好に気づかされたのも映画だった。そんなスクリーンの申し子たち(?)もやがて子宝に恵まれ、子育てが生活の中心になるにつれて、劇場へ足を運ぶ余裕を失ってしまった…。突然の轟音に、思わず背筋が震える。最新の音響設備の迫力に肝を冷やしつつ、ふと気づくと、肘かけにもたれた私の腕を妻が力一杯握りしめていた。怖がりなところがよく似た二人、子供も親離れする年頃になったことだし、一緒に過ごす時間をもっと大切にしないとね。暗闇の中、のぞき見た彼女の横顔は若々しく、少し紅潮して見えた。

二人でシネマへ。二人きりで映画館へ行くなんて、何年ぶり、いや十何年ぶりだろうか。鑑賞券を二枚、友人からもらった。そんなきっかけでも無かったら、あと何年足が遠のいたことやら。独身時代に通いつめた劇場は、立派な背もたれの、洒落た内装に変わっていた。あの頃のようにポップコーンの器を抱えて、通路脇の席に並んで座る。「変わらないのね、左側を選ぶ癖」そう、なぜだかスクリーン向かって左側の席に座らないと居心地が悪いのだ。「あらすじを先に読んでしまう癖も」とたたみかける妻に、パンフレットから顔をあげて苦笑いする私。妻とは映画を通じて結ばれたといっても過言ではなかろう。同期で一番人気だった彼女を強引に誘った口実も、互いの相性や嗜好に気づかされたのも映画だった。そんなスクリーンの申し子たち(?)もやがて子宝に恵まれ、子育てが生活の中心になるにつれて、劇場へ足を運ぶ余裕を失ってしまった…。突然の轟音に、思わず背筋が震える。最新の音響設備の迫力に肝を冷やしつつ、ふと気づくと、肘かけにもたれた私の腕を妻が力一杯握りしめていた。怖がりなところがよく似た二人、子供も親離れする年頃になったことだし、一緒に過ごす時間をもっと大切にしないとね。暗闇の中、のぞき見た彼女の横顔は若々しく、少し紅潮して見えた。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top