暮らし百景アーカイブ5

手のひらの友達。「寝てるだけだよ」「またあとで起きるよ」必死になって事実を受け入れまいとしている五才の娘を、妻が膝の上に乗せて抱きしめた。と、その瞬間、娘は堰を切ったように大声で泣き出した。「ママ、キミちゃんが死んじゃった」「キミ」は、二年前に妻が友人からもらってきたオスのハムスター。ハとムをあわせて、「公(キミ)」というわけだ。娘はすぐにこの小さな友達と仲良くなり、特にここ一年はほとんど世話を自分でするほど可愛がっていた。しかし、別れは突然だった。朝、娘がカゴをのぞくと、「彼」はコロンと横たわっていたのだ。じっと、動かずに――。「ごはん足りなかったのかな」「ホントは病気だったのかな」妻の膝に抱かれたまま、娘は泣いた。もう体には一粒の涙も残っていないというくらい、娘は泣いた。しばらくしてから、私と妻は娘に話した。生き物には寿命があること。世話をしていた娘のせいではないこと。そして、きっと「キミ」も幸せだったということを。庭に出て、お墓を作ることにした。初めは「淋しくないように、お庭のまん中に埋めてあげるの」と主張していた娘も、「すみっこの方が静かに眠れるから」という妻の言葉に納得した。ガーゼに包んだ体を土に埋め、石を置く。目をつぶり、手を合わせる娘。その娘の頬を、さっき枯れたはずの涙が一滴(しずく)、つたって落ちた。

手のひらの友達。「寝てるだけだよ」「またあとで起きるよ」必死になって事実を受け入れまいとしている五才の娘を、妻が膝の上に乗せて抱きしめた。と、その瞬間、娘は堰を切ったように大声で泣き出した。「ママ、キミちゃんが死んじゃった」「キミ」は、二年前に妻が友人からもらってきたオスのハムスター。ハとムをあわせて、「公(キミ)」というわけだ。娘はすぐにこの小さな友達と仲良くなり、特にここ一年はほとんど世話を自分でするほど可愛がっていた。しかし、別れは突然だった。朝、娘がカゴをのぞくと、「彼」はコロンと横たわっていたのだ。じっと、動かずに――。「ごはん足りなかったのかな」「ホントは病気だったのかな」妻の膝に抱かれたまま、娘は泣いた。もう体には一粒の涙も残っていないというくらい、娘は泣いた。しばらくしてから、私と妻は娘に話した。生き物には寿命があること。世話をしていた娘のせいではないこと。そして、きっと「キミ」も幸せだったということを。庭に出て、お墓を作ることにした。初めは「淋しくないように、お庭のまん中に埋めてあげるの」と主張していた娘も、「すみっこの方が静かに眠れるから」という妻の言葉に納得した。ガーゼに包んだ体を土に埋め、石を置く。目をつぶり、手を合わせる娘。その娘の頬を、さっき枯れたはずの涙が一滴(しずく)、つたって落ちた。

手のひらの友達。「寝てるだけだよ」「またあとで起きるよ」必死になって事実を受け入れまいとしている五才の娘を、妻が膝の上に乗せて抱きしめた。と、その瞬間、娘は堰を切ったように大声で泣き出した。「ママ、キミちゃんが死んじゃった」「キミ」は、二年前に妻が友人からもらってきたオスのハムスター。ハとムをあわせて、「公(キミ)」というわけだ。娘はすぐにこの小さな友達と仲良くなり、特にここ一年はほとんど世話を自分でするほど可愛がっていた。しかし、別れは突然だった。朝、娘がカゴをのぞくと、「彼」はコロンと横たわっていたのだ。じっと、動かずに――。「ごはん足りなかったのかな」「ホントは病気だったのかな」妻の膝に抱かれたまま、娘は泣いた。もう体には一粒の涙も残っていないというくらい、娘は泣いた。しばらくしてから、私と妻は娘に話した。生き物には寿命があること。世話をしていた娘のせいではないこと。そして、きっと「キミ」も幸せだったということを。庭に出て、お墓を作ることにした。初めは「淋しくないように、お庭のまん中に埋めてあげるの」と主張していた娘も、「すみっこの方が静かに眠れるから」という妻の言葉に納得した。ガーゼに包んだ体を土に埋め、石を置く。目をつぶり、手を合わせる娘。その娘の頬を、さっき枯れたはずの涙が一滴(しずく)、つたって落ちた。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top