暮らし百景アーカイブ1

娘が少し、さよならをした。その日は突然やってきた。何の前ぶれもなくやってきたのだ。いや、娘は娘でいつ言おうかと考えていたのかも知れぬ。私がそれと気づかなかっただけなのかも知れぬ。しかし、それにしたって、あまりにもサラッと言ってくれるじゃないか、まったく・・・。ハッキリ言って、娘を風呂に入れるのは得意だった。なにしろ、保健センターの「もうすぐ、パパも育児上手!」という催しに参加(会社を半日休んで)した時、人形を沐浴させて上手だとほめられた私なのだ。すわってない首をそっとささえ、小さな体をぬるめのお湯につからせる。綿のようにやわらかな髪を、お湯で軽く洗い流す。 やがてその髪を子供用シャンプーで洗う頃になると、娘はいつもこう言った。「パパといっしょにおふろに入ゆ」初めて娘の歌(のようなもの)を聞いたのも、初めて娘が一から十まで数えるのを聞いたのも、みんな風呂の中でだった。娘は、幼稚園の先生にほめられたことを自慢し、小学校の先生に叱られたことを告白した。それもこれも、風呂の中でだ。だけど、その日は突然やってきた。何の前ぶれもなくやってきたのだ。娘(小学四年生)はサラッと宣言した。「あたし今日から、パパと一緒にお風呂には入らない」そのセリフの平均年齢はいくつなのだろうなどと思いながら、私は一人で風呂に入った。ふと気づくと、いつの間にか妻が買ってきた子供用シャンプーは見当たらず、そこにあるのは娘が自分で選んだお気に入りのシャンプーだった。

娘が少し、さよならをした。その日は突然やってきた。何の前ぶれもなくやってきたのだ。いや、娘は娘でいつ言おうかと考えていたのかも知れぬ。私がそれと気づかなかっただけなのかも知れぬ。しかし、それにしたって、あまりにもサラッと言ってくれるじゃないか、まったく・・・。ハッキリ言って、娘を風呂に入れるのは得意だった。なにしろ、保健センターの「もうすぐ、パパも育児上手!」という催しに参加(会社を半日休んで)した時、人形を沐浴させて上手だとほめられた私なのだ。すわってない首をそっとささえ、小さな体をぬるめのお湯につからせる。綿のようにやわらかな髪を、お湯で軽く洗い流す。 やがてその髪を子供用シャンプーで洗う頃になると、娘はいつもこう言った。「パパといっしょにおふろに入ゆ」初めて娘の歌(のようなもの)を聞いたのも、初めて娘が一から十まで数えるのを聞いたのも、みんな風呂の中でだった。娘は、幼稚園の先生にほめられたことを自慢し、小学校の先生に叱られたことを告白した。それもこれも、風呂の中でだ。だけど、その日は突然やってきた。何の前ぶれもなくやってきたのだ。娘(小学四年生)はサラッと宣言した。「あたし今日から、パパと一緒にお風呂には入らない」そのセリフの平均年齢はいくつなのだろうなどと思いながら、私は一人で風呂に入った。ふと気づくと、いつの間にか妻が買ってきた子供用シャンプーは見当たらず、そこにあるのは娘が自分で選んだお気に入りのシャンプーだった。

娘が少し、さよならをした。その日は突然やってきた。何の前ぶれもなくやってきたのだ。いや、娘は娘でいつ言おうかと考えていたのかも知れぬ。私がそれと気づかなかっただけなのかも知れぬ。しかし、それにしたって、あまりにもサラッと言ってくれるじゃないか、まったく・・・。ハッキリ言って、娘を風呂に入れるのは得意だった。なにしろ、保健センターの「もうすぐ、パパも育児上手!」という催しに参加(会社を半日休んで)した時、人形を沐浴させて上手だとほめられた私なのだ。すわってない首をそっとささえ、小さな体をぬるめのお湯につからせる。綿のようにやわらかな髪を、お湯で軽く洗い流す。 やがてその髪を子供用シャンプーで洗う頃になると、娘はいつもこう言った。「パパといっしょにおふろに入ゆ」初めて娘の歌(のようなもの)を聞いたのも、初めて娘が一から十まで数えるのを聞いたのも、みんな風呂の中でだった。娘は、幼稚園の先生にほめられたことを自慢し、小学校の先生に叱られたことを告白した。それもこれも、風呂の中でだ。だけど、その日は突然やってきた。何の前ぶれもなくやってきたのだ。娘(小学四年生)はサラッと宣言した。「あたし今日から、パパと一緒にお風呂には入らない」そのセリフの平均年齢はいくつなのだろうなどと思いながら、私は一人で風呂に入った。ふと気づくと、いつの間にか妻が買ってきた子供用シャンプーは見当たらず、そこにあるのは娘が自分で選んだお気に入りのシャンプーだった。

image-02-s-02

一覧を見る

ご意見・ご感想をお寄せください

Page Top