みんなのキレイの計り方

kv_pc

kv_tb

kv_sp

夏からじゃ遅い!?
紫外線対策は早春にスタート!

軽やかな春ファッションを楽しめる季節がやってきました! 暖かくなるにつれて、お花見、ピクニック、アウトドアなどお出かけの予定も増えてきますね。そんな春のお出かけ時に気をつけたいのが紫外線。
「3月から日焼け止めってまだ早いんじゃない?!」と思う方も多いかもしれませんが、実は、紫外線対策は3月から始めるのがベスト! 春スタートのUVケアをご紹介します。

なぜ3月?早めのUVケアが必要な理由

img01

1年の中で紫外線量が最も少ない冬の時期のお肌は、メラニンが少なく紫外線に対して弱い状態です。そのため、春先もまだまだお肌は準備中モード。
でも紫外線量はぐんぐん上昇中。だからこそ、無防備な春先のお肌を守る、早めのUVケアが超重要。紫外線量が増え始める3月からが大正解です。

「ちょっとだけ…」の時にもしっかりUVカット!

img02

夏ほど日差しの強さを感じないからこそ、通勤時や洗濯物を干す時、近所に買い物に行く時など、ちょっとした時のUVケアを怠りがちな春。でも、春先の弱ったお肌には、その「ちょっとだけだから…」の積み重ねに要注意。日常生活で知らず知らずに浴びてしまう生活紫外線を意識して、こまめな対策をすることから始めましょう。

顔周りはベースメイクでお手軽ケア

img03

やっぱり一番気になるのが顔周りの紫外線対策。最近では、生活紫外線を十分に防ぐことのできる美容液や下地、ファンデーションも多いので、UVケア効果のあるアイテムでお手軽にケアしちゃいましょう。
顔の中でも特に日焼けしやすい、額や鼻、頬骨など高さのあるパーツは、美容液や下地でケアするのがオススメ! ファンデーションでしっかりカバーしようとすると、厚化粧に見えてしまったり、皮脂が出やすい部分だから化粧直しした時にヨレやシワっぽさが目立ってしまうことも…。
ベースメイクのアイテムは保湿タイプだとUVケア効果が低いものも多いので、できればこの時期にUV効果の高いタイプに切り替えておくと安心です。

シーンに合わせて日焼け止めは使い分けが肝心!

img04

日焼け止めはシーンに合わせて使い分けるのがポイントです。
たとえば、日常使いの日焼け止めは、クローゼットの近くに常備していて、つけ忘れを防いでみたり、外出時には持ち運びしやすいチューブタイプのアイテムをカバンの中に忍ばせたり、顔周りには化粧直しにも使えて使い勝手の良いBBクリームを活用したり…。花見や、アウトドアなど長時間屋外にいる時には、UVケア効果が高いレジャー用のサンスクリーンがオススメです。
肩まわりなど特に日焼けしたくない箇所には、一度サンスクリーンを塗った上から、再び乗せるように二度塗りするのが◎。
UVケアした後は、洗顔料やボディソープできちんと取り除くことも大切です。


早春から始めるUVケア、いかがでしたか?
日差しが気持ちいい季節を迎える前に、今年は対策も万全に。
生活習慣の中に上手にケアを取り入れて、キレイなお肌をキープしましょう!

感想を送る

ご感想の投稿にはKao PLAZA会員登録が必要です。
会員の方はログインのうえ、また会員でない方は
新規登録のうえ、ご感想を投稿ください。

みんなのキレイの計り方 TOP

Kao PLAZAトップへもどる

Page Top