みんなのキレイの計り方

kv_pc

kv_tb

kv_sp

お肌のために毎日摂りたい!
美肌をつくるオススメ栄養成分3つ

みなさんは、美肌のためにどんなケアをしていますか?たっぷり保湿?美容液やパック?外側からのお手入れも大事だけど、やっぱり身体の中からのケアだって必要です!そこで、今回は美容にオススメの栄養成分をご紹介します。調理例もご紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

オススメ栄養成分01 ビタミンA 肌の生まれ変わりを促進。乾燥肌の改善にも役立つ

オススメ栄養成分01 ビタミンA 肌の生まれ変わりを促進。乾燥肌の改善にも役立つ

オススメ栄養成分01 ビタミンA 肌の生まれ変わりを促進。乾燥肌の改善にも役立つ

img-section01

ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つために必要な栄養素。肌の基礎体力をあげるために、必要不可欠な存在と言われています。肌のカサつきやシワに悩んでいる人はしっかり摂りたいですね。
ビタミンAが豊富な食材は、ほうれん草。旬を迎える冬は、おいしいのはもちろんのこと栄養価がアップ!
ほうれん草は油と一緒に摂ると吸収率が高まるので、おひたしにするよりも炒めて食べるのがおすすめ。同じくビタミンAが豊富なバターで炒めれば、よりパワーアップ!ソテーやグラタン、スープなどにすれば、たっぷり摂ることができますよ。

<そのほかの食材>
にんじん、かぼちゃ、しその葉、バジル、レバー、うなぎ、乳製品など。

オススメ栄養成分02 ビタミンC メラニン色素の生成を抑え、コラーゲンとの組み合わせで美肌度アップ!

オススメ栄養成分02 ビタミンC メラニン色素の生成を抑え、コラーゲンとの組み合わせで美肌度アップ!

オススメ栄養成分02 ビタミンC メラニン色素の生成を抑え、コラーゲンとの組み合わせで美肌度アップ!

img-section02

しみ、そばかすの原因となるメラニン色素の生成をおさえる働きがあると言われているビタミンC。美肌には欠かせない栄養素としてよく知られていますよね。
ビタミンCを多く含むのがパプリカ。野菜の中でもトップクラスで、ピーマンの2倍以上ものビタミンCが含まれています。さらに加熱してもその量は減らないというのも魅力!ラタトゥイユやグリルサラダなど、彩りのよいひと皿で楽しみましょう。
ビタミンCは一度にたくさん摂っても吸収できずに排出されてしまうのでこまめに摂るのがポイントです!
実は、肌に弾力を生むコラーゲンの生成にも深く関わっていると言われています。肌のハリ、ツヤを保つためにはビタミンCとコラーゲンを合わせてしっかり取り入れましょう。

<そのほかの食材>
ブロッコリー、カリフラワー、レモンなどの柑橘類、キウイフルーツ、海苔など。

オススメ栄養成分03 たんぱく質 身体の細胞を作り、いきいきとした健康な肌に!

オススメ栄養成分03 たんぱく質 身体の細胞を作り、いきいきとした健康な肌に!

オススメ栄養成分03 たんぱく質 身体の細胞を作り、いきいきとした健康な肌に!

img-section03

たんぱく質は、体内のあらゆる細胞を作るため、いきいきとした美肌をキープするための、とても大切な栄養素。たんぱく質は主に肉、魚、卵などに含まれています。過剰なダイエットは、たんぱく質不足に陥りがち。痩せてキレイになるつもりが、肌がシワシワになって老け込んだ……などとならないために要注意です!
ダイエット中の人にうれしい、高たんぱく質、低カロリーな食材としてあげられるのが豆類。大豆が原料の納豆や豆腐・豆乳なら手軽に取り入れられますね。チーズと納豆のトーストや豆乳スープは忙しいときでもパパッと作れるのでおすすめです。

<そのほかの食材>
赤身(牛や豚など)の肉、鶏むね肉、鶏ささみ肉、アジ、イワシ、卵など。

今回ご紹介した食材は、スーパーなどで手軽に購入できるものばかり。ちょっと意識して食材を選ぶだけで、きっとお肌にもよい効果が現れるはず!毎日おいしく食べながら、お肌のコンディションも整えていきましょう。

■参考資料
「ビタミン・ミネラル速効事典」土屋書店
「最新版 知っておきたい栄養学」学研パブリッシング

感想を送る

ご感想の投稿にはKao PLAZA会員登録が必要です。
会員の方はログインのうえ、また会員でない方は
新規登録のうえ、ご感想を投稿ください。

みんなのキレイの計り方 TOP

Kao PLAZAトップへもどる

Page Top