March|3月 弥生 記憶の中の香り 保育園の香り

March|3月 弥生 記憶の中の香り 保育園の香り

March|3月 弥生 記憶の中の香り 保育園の香り

image-02

久しぶりに保育園時代のママ友に会った。
上の子の入園で知り合ってから、もう8年。
小さかった下の娘さんが、今月末には卒園することに驚いた。

「ずっと何年も毎日通っているのに、
もう4月からは行かなくなるなんて」
寂しそうにつぶやくママ友の言葉に突然、
子どもたちと通っていたあの頃が蘇ってくる。

お日さまの匂い、赤ちゃんの匂い、消毒の匂い……
いろいろ混ざった、保育園だけの香り。
仕事のモヤモヤを抱えながら、迎えの時間まぎわに駆け込む私を、
いつでもふわりと包んで、「母」に戻してくれた。
子どもにとっても、親にとっても、保育園はもうひとつの家だった。

「好きだったなぁ、保育園のホッとする感じ」
私の言葉に、ママ友も笑顔でうなずいていた。

あの香り、変わらないんだろうな。
子どもの成長した姿を見せに、行ってみようかな。
思いついたら、ワクワクした。

編集者/ライター 秋山香織

Page Top