♪音楽をお聞きになる場合は、こちら

第4話 すき焼きの夜。「それだったら、家で食べようよ。何か作ってあげる。じゃあ、七時に駅で」フランス料理でも食べさせてやるぞ、と誘ったのだが、娘はこう答えてきた。私はホテルを出て、三度ほど行ったことのある私鉄沿線の、娘のアパートへ向かう。何やら嬉しくなってくる。

第4話 すき焼きの夜。「それだったら、家で食べようよ。何か作ってあげる。じゃあ、七時に駅で」フランス料理でも食べさせてやるぞ、と誘ったのだが、娘はこう答えてきた。私はホテルを出て、三度ほど行ったことのある私鉄沿線の、娘のアパートへ向かう。何やら嬉しくなってくる。

第4話 すき焼きの夜。「それだったら、家で食べようよ。何か作ってあげる。じゃあ、七時に駅で」フランス料理でも食べさせてやるぞ、と誘ったのだが、娘はこう答えてきた。私はホテルを出て、三度ほど行ったことのある私鉄沿線の、娘のアパートへ向かう。何やら嬉しくなってくる。

t10-hyakkei-sp-arrow

やはりこうでなくては。出張で来ても、娘の顔は見たい。急に電話しても、つかまったのは、年頃なのにヒマなのか。あまり遊んでいても困るが、いつまでもひとりでいるのもどんなものか。「ね、お父さんの好きなすき焼きにしようよ」もう献立は決まっていて、ふたりで駅前のスーパーへ入る。娘と買い物なんて、いつ以来だろう。

やはりこうでなくては。出張で来ても、娘の顔は見たい。急に電話しても、つかまったのは、年頃なのにヒマなのか。あまり遊んでいても困るが、いつまでもひとりでいるのもどんなものか。「ね、お父さんの好きなすき焼きにしようよ」もう献立は決まっていて、ふたりで駅前のスーパーへ入る。娘と買い物なんて、いつ以来だろう。

やはりこうでなくては。出張で来ても、娘の顔は見たい。急に電話しても、つかまったのは、年頃なのにヒマなのか。あまり遊んでいても困るが、いつまでもひとりでいるのもどんなものか。「ね、お父さんの好きなすき焼きにしようよ」もう献立は決まっていて、ふたりで駅前のスーパーへ入る。娘と買い物なんて、いつ以来だろう。

t10-hyakkei-sp-arrow

ちょっと上等な肉をおごった。続いて娘が、白菜やら焼き豆腐やらをカートに入れていく。それが意外に手際いい。そろそろ替え時だからと、ハブラシを選んだり、台所洗剤をまとめ買いしたり、なかなか堅実な買い物ぶりだ。ひとり暮らしも、いいところがあるのかもしれない、と少し娘を見直した。スーパーの袋を下げて、アパートまで五分くらい。並んで歩くことだって、ついぞなかった気がする。

ちょっと上等な肉をおごった。続いて娘が、白菜やら焼き豆腐やらをカートに入れていく。それが意外に手際いい。そろそろ替え時だからと、ハブラシを選んだり、台所洗剤をまとめ買いしたり、なかなか堅実な買い物ぶりだ。ひとり暮らしも、いいところがあるのかもしれない、と少し娘を見直した。スーパーの袋を下げて、アパートまで五分くらい。並んで歩くことだって、ついぞなかった気がする。

ちょっと上等な肉をおごった。続いて娘が、白菜やら焼き豆腐やらをカートに入れていく。それが意外に手際いい。そろそろ替え時だからと、ハブラシを選んだり、台所洗剤をまとめ買いしたり、なかなか堅実な買い物ぶりだ。ひとり暮らしも、いいところがあるのかもしれない、と少し娘を見直した。スーパーの袋を下げて、アパートまで五分くらい。並んで歩くことだって、ついぞなかった気がする。

t10-hyakkei-sp-arrow

白髪混じりの五十男と、OLのふたり連れ。ちゃんと親子に見られるのだろうかな、と考えていると。「わたし、今年結婚しようかな」前触れもなく、娘が切り出してきた。びっくりすることをいきなり言う。そうか。それで家に呼んだのか。今晩のすき焼きの味は、忘れられないものになりそうな予感がした。

白髪混じりの五十男と、OLのふたり連れ。ちゃんと親子に見られるのだろうかな、と考えていると。「わたし、今年結婚しようかな」前触れもなく、娘が切り出してきた。びっくりすることをいきなり言う。そうか。それで家に呼んだのか。今晩のすき焼きの味は、忘れられないものになりそうな予感がした。

白髪混じりの五十男と、OLのふたり連れ。ちゃんと親子に見られるのだろうかな、と考えていると。「わたし、今年結婚しようかな」前触れもなく、娘が切り出してきた。びっくりすることをいきなり言う。そうか。それで家に呼んだのか。今晩のすき焼きの味は、忘れられないものになりそうな予感がした。

  • トップへ戻る

2019年2月掲載

Page Top