♪音楽をお聞きになる場合は、こちら

第2話 ダンディーの理由。 娘の私から見ても、父は粋な八十歳だった。 通院の日も、ストライプのシャツにスカーフ、濃紺のジャケット。 中折れ帽をかぶったその姿は、まるで銀座のバーにでも行くかのようで。大病しているなんて誰が信じただろう。

第2話 ダンディーの理由。 娘の私から見ても、父は粋な八十歳だった。 通院の日も、ストライプのシャツにスカーフ、濃紺のジャケット。 中折れ帽をかぶったその姿は、まるで銀座のバーにでも行くかのようで。大病しているなんて誰が信じただろう。

第2話 ダンディーの理由。 娘の私から見ても、父は粋な八十歳だった。 通院の日も、ストライプのシャツにスカーフ、濃紺のジャケット。 中折れ帽をかぶったその姿は、まるで銀座のバーにでも行くかのようで。大病しているなんて誰が信じただろう。

t10-hyakkei-sp-arrow

「もっとラフでいいのに。診察で脱いだり着たりするんでしょ」と言っても聞かない。 それどころか、やれ、あのシャツはどこへいった。アイロンが雑だ。そんなふうに干したら色があせる、と普段から細かいことを母には言いたい放題らしく…。 看病だけでも手がかかるのに、「いい加減にして!」という言葉が何度も出かかった。

「もっとラフでいいのに。診察で脱いだり着たりするんでしょ」と言っても聞かない。 それどころか、やれ、あのシャツはどこへいった。アイロンが雑だ。そんなふうに干したら色があせる、と普段から細かいことを母には言いたい放題らしく…。 看病だけでも手がかかるのに、「いい加減にして!」という言葉が何度も出かかった。

「もっとラフでいいのに。診察で脱いだり着たりするんでしょ」と言っても聞かない。 それどころか、やれ、あのシャツはどこへいった。アイロンが雑だ。そんなふうに干したら色があせる、と普段から細かいことを母には言いたい放題らしく…。 看病だけでも手がかかるのに、「いい加減にして!」という言葉が何度も出かかった。

t10-hyakkei-sp-arrow

ある日。「いくら病人だからって、わがままが過ぎるわ。私、ちゃんと言おうか」と言うと母は、 「お父さんがおしゃれするのは、私のためなのよ。病人だからって見すぼらしい格好していたら、付き添うお前も嬉しくないだろ、って。 あの人、昔からそうだった。お金が無かった結婚当時も着るものはきちんとしていたわ。心まで貧乏してはいけないって思っていたのね。そんなお父さんを好きになったの」 何もわかっていなかった、四十にもなって…。涙が止まらなかった。

ある日。「いくら病人だからって、わがままが過ぎるわ。私、ちゃんと言おうか」と言うと母は、 「お父さんがおしゃれするのは、私のためなのよ。病人だからって見すぼらしい格好していたら、付き添うお前も嬉しくないだろ、って。 あの人、昔からそうだった。お金が無かった結婚当時も着るものはきちんとしていたわ。心まで貧乏してはいけないって思っていたのね。そんなお父さんを好きになったの」 何もわかっていなかった、四十にもなって…。涙が止まらなかった。

ある日。「いくら病人だからって、わがままが過ぎるわ。私、ちゃんと言おうか」と言うと母は、 「お父さんがおしゃれするのは、私のためなのよ。病人だからって見すぼらしい格好していたら、付き添うお前も嬉しくないだろ、って。 あの人、昔からそうだった。お金が無かった結婚当時も着るものはきちんとしていたわ。心まで貧乏してはいけないって思っていたのね。そんなお父さんを好きになったの」 何もわかっていなかった、四十にもなって…。涙が止まらなかった。

t10-hyakkei-sp-arrow

それから私は、何度かすすんで父の通院に付き添った。二人でデートをしている気分と服装で。最後のデートはもう一年前のことになったけれど、その日のダンディーな父が今も写真でほほ笑んでいる。

それから私は、何度かすすんで父の通院に付き添った。二人でデートをしている気分と服装で。最後のデートはもう一年前のことになったけれど、その日のダンディーな父が今も写真でほほ笑んでいる。

それから私は、何度かすすんで父の通院に付き添った。二人でデートをしている気分と服装で。最後のデートはもう一年前のことになったけれど、その日のダンディーな父が今も写真でほほ笑んでいる。

  • トップへ戻る

  • 第3話 父が電話に出て…。を読む

2018年6月掲載

Page Top