♪音楽をお聞きになる場合は、こちら

第2話 雨の日のたからもの。 仕事が一段落したので、家族のために日帰り旅行を計画した。息子を蒸気機関車に乗せ、お花畑をめぐり、温泉に浸かる。温泉でマッサージは妻へのご褒美。パパの面目躍如となるはずのプランだった。 当日はあいにくの大雨。蒸気機関車との記念撮影は雨に降りこまれ、絶景のはずの車窓も霧の中。曇ったガラスに落書きする息子を見ながら、ため息が出た。

第2話 雨の日のたからもの。 仕事が一段落したので、家族のために日帰り旅行を計画した。息子を蒸気機関車に乗せ、お花畑をめぐり、温泉に浸かる。温泉でマッサージは妻へのご褒美。パパの面目躍如となるはずのプランだった。 当日はあいにくの大雨。蒸気機関車との記念撮影は雨に降りこまれ、絶景のはずの車窓も霧の中。曇ったガラスに落書きする息子を見ながら、ため息が出た。

第2話 雨の日のたからもの。 仕事が一段落したので、家族のために日帰り旅行を計画した。息子を蒸気機関車に乗せ、お花畑をめぐり、温泉に浸かる。温泉でマッサージは妻へのご褒美。パパの面目躍如となるはずのプランだった。 当日はあいにくの大雨。蒸気機関車との記念撮影は雨に降りこまれ、絶景のはずの車窓も霧の中。曇ったガラスに落書きする息子を見ながら、ため息が出た。

t10-hyakkei-sp-arrow

山あいのお花畑も人影は少ない。雨に濡れて体が冷えてくる。やれやれ、早めに温泉で休もうかと考えていると、「パパ、かたつむりがいるよ!」息子の弾んだ声が響いた。 なるほど、公園の端の石垣に、かたつむりがいた。触覚をぴんと伸ばして、つやつやと身をくねらせている。 「パパ大きいね。あ、こっちにも!」雨に誘われたのかあちこちにいるのだ。妻まで興味を示して、三人で見つけあいっこ。十五匹は数えただろうか。

山あいのお花畑も人影は少ない。雨に濡れて体が冷えてくる。やれやれ、早めに温泉で休もうかと考えていると、「パパ、かたつむりがいるよ!」息子の弾んだ声が響いた。 なるほど、公園の端の石垣に、かたつむりがいた。触覚をぴんと伸ばして、つやつやと身をくねらせている。 「パパ大きいね。あ、こっちにも!」雨に誘われたのかあちこちにいるのだ。妻まで興味を示して、三人で見つけあいっこ。十五匹は数えただろうか。

山あいのお花畑も人影は少ない。雨に濡れて体が冷えてくる。やれやれ、早めに温泉で休もうかと考えていると、「パパ、かたつむりがいるよ!」息子の弾んだ声が響いた。 なるほど、公園の端の石垣に、かたつむりがいた。触覚をぴんと伸ばして、つやつやと身をくねらせている。 「パパ大きいね。あ、こっちにも!」雨に誘われたのかあちこちにいるのだ。妻まで興味を示して、三人で見つけあいっこ。十五匹は数えただろうか。

t10-hyakkei-sp-arrow

息子はすっかり夢中になって、写真を撮り、ノートにメモをしている。殻が右巻きのものと、左巻きのものがいるみたいだ。「すごい、きれい!」自然が作った精巧な渦巻き模様に、目を輝かせていた。 かたつむりを探すなんて、いつ以来だろう。雨でも、いや雨の日だからこそ広がる世界がある。そして、自分で見つけた宝物がいちばん尊いんだな。

息子はすっかり夢中になって、写真を撮り、ノートにメモをしている。殻が右巻きのものと、左巻きのものがいるみたいだ。「すごい、きれい!」自然が作った精巧な渦巻き模様に、目を輝かせていた。 かたつむりを探すなんて、いつ以来だろう。雨でも、いや雨の日だからこそ広がる世界がある。そして、自分で見つけた宝物がいちばん尊いんだな。

息子はすっかり夢中になって、写真を撮り、ノートにメモをしている。殻が右巻きのものと、左巻きのものがいるみたいだ。「すごい、きれい!」自然が作った精巧な渦巻き模様に、目を輝かせていた。 かたつむりを探すなんて、いつ以来だろう。雨でも、いや雨の日だからこそ広がる世界がある。そして、自分で見つけた宝物がいちばん尊いんだな。

t10-hyakkei-sp-arrow

パパの仕事は、それを見守ること。図鑑で見つけた「ヒダリマキマイマイ」という名前を、さりげなく教えてあげようと思っている。

パパの仕事は、それを見守ること。図鑑で見つけた「ヒダリマキマイマイ」という名前を、さりげなく教えてあげようと思っている。

パパの仕事は、それを見守ること。図鑑で見つけた「ヒダリマキマイマイ」という名前を、さりげなく教えてあげようと思っている。

  • トップへ戻る

  • 第3話 金魚のリレー。を読む

2017年8月掲載

Page Top