♪音楽をお聞きになる場合は、こちら

第1話 ルビー婚旅行。 夫が定年を過ぎると、旅が自由になる。休日を待たなくていいし、子供に合わせることもなく、のんびり動ける。 二泊三日。例年の秋の温泉旅行。私たちと同じ思いであろうご夫婦が、バスには何組も乗り合わせていた。

第1話 ルビー婚旅行。 夫が定年を過ぎると、旅が自由になる。休日を待たなくていいし、子供に合わせることもなく、のんびり動ける。 二泊三日。例年の秋の温泉旅行。私たちと同じ思いであろうご夫婦が、バスには何組も乗り合わせていた。

第1話 ルビー婚旅行。 夫が定年を過ぎると、旅が自由になる。休日を待たなくていいし、子供に合わせることもなく、のんびり動ける。 二泊三日。例年の秋の温泉旅行。私たちと同じ思いであろうご夫婦が、バスには何組も乗り合わせていた。

t10-hyakkei-sp-arrow

隣の席のご主人は、左足がちょっと不自由らしく、奥さまがいつも寄り添って肩を貸していた。聞けば、結婚四十周年だという。「ルビー婚式ですね。おめでとうございます。」と夫が言うと、奥さまはルビー婚をご存じなかった様子。ご主人は、横でほほ笑みながら、うんうん、とうなずいていた。

隣の席のご主人は、左足がちょっと不自由らしく、奥さまがいつも寄り添って肩を貸していた。聞けば、結婚四十周年だという。「ルビー婚式ですね。おめでとうございます。」と夫が言うと、奥さまはルビー婚をご存じなかった様子。ご主人は、横でほほ笑みながら、うんうん、とうなずいていた。

隣の席のご主人は、左足がちょっと不自由らしく、奥さまがいつも寄り添って肩を貸していた。聞けば、結婚四十周年だという。「ルビー婚式ですね。おめでとうございます。」と夫が言うと、奥さまはルビー婚をご存じなかった様子。ご主人は、横でほほ笑みながら、うんうん、とうなずいていた。

t10-hyakkei-sp-arrow

宿に着いてからも、子供のこと、旅のことなどを話しながら、奥さまと一緒にお風呂に入った。 浴衣に着替え、そろそろ夕食だから戻りましょうと言うと、奥さまは真新しいコンパクトを取り出し、どうぞお先にと言う。そして、薄化粧ではあるが、肌をととのえ、くちびるに紅をひいた。 「昔は、化粧が濃いだとか、その色は俺は嫌いだとか、あの人うるさかったんですよ。でも、今はさっぱり…。」「今日は、お化粧を変えたのに気づいてくれるといいですね。」 奥さまは笑いながら部屋へ戻った。

宿に着いてからも、子供のこと、旅のことなどを話しながら、奥さまと一緒にお風呂に入った。 浴衣に着替え、そろそろ夕食だから戻りましょうと言うと、奥さまは真新しいコンパクトを取り出し、どうぞお先にと言う。そして、薄化粧ではあるが、肌をととのえ、くちびるに紅をひいた。 「昔は、化粧が濃いだとか、その色は俺は嫌いだとか、あの人うるさかったんですよ。でも、今はさっぱり…。」「今日は、お化粧を変えたのに気づいてくれるといいですね。」 奥さまは笑いながら部屋へ戻った。

宿に着いてからも、子供のこと、旅のことなどを話しながら、奥さまと一緒にお風呂に入った。 浴衣に着替え、そろそろ夕食だから戻りましょうと言うと、奥さまは真新しいコンパクトを取り出し、どうぞお先にと言う。そして、薄化粧ではあるが、肌をととのえ、くちびるに紅をひいた。 「昔は、化粧が濃いだとか、その色は俺は嫌いだとか、あの人うるさかったんですよ。でも、今はさっぱり…。」「今日は、お化粧を変えたのに気づいてくれるといいですね。」 奥さまは笑いながら部屋へ戻った。

t10-hyakkei-sp-arrow

翌朝。バスに乗ると、奥さまがうれしそうに左手を上げて見せる。その指には、昨日はなかったルビーのリング。ご主人、ちゃんと奥さまを見てらしたんですね。 どうぞいつまでもお幸せに。私たちのルビー婚は、三年後です。

翌朝。バスに乗ると、奥さまがうれしそうに左手を上げて見せる。その指には、昨日はなかったルビーのリング。ご主人、ちゃんと奥さまを見てらしたんですね。 どうぞいつまでもお幸せに。私たちのルビー婚は、三年後です。

翌朝。バスに乗ると、奥さまがうれしそうに左手を上げて見せる。その指には、昨日はなかったルビーのリング。ご主人、ちゃんと奥さまを見てらしたんですね。 どうぞいつまでもお幸せに。私たちのルビー婚は、三年後です。

  • トップへ戻る

  • 第2話 ふたつの記念日。を読む

2017年2月掲載

Page Top