♪音楽をお聞きになる場合は、こちら

第4話 思い出を辿りながら。カーテンを開けると、高速道路のオレンジ色の灯りが漏れた。気持ちが昂って、なかなか寝つけない。こうして、夜行バスに乗りこんだ自分が不思議に思える。数日前には思いもしなかったことだった。

第4話 思い出を辿りながら。カーテンを開けると、高速道路のオレンジ色の灯りが漏れた。気持ちが昂って、なかなか寝つけない。こうして、夜行バスに乗りこんだ自分が不思議に思える。数日前には思いもしなかったことだった。

第4話 思い出を辿りながら。カーテンを開けると、高速道路のオレンジ色の灯りが漏れた。気持ちが昂って、なかなか寝つけない。こうして、夜行バスに乗りこんだ自分が不思議に思える。数日前には思いもしなかったことだった。

t10-hyakkei-sp-arrow

学生・OL時代によく聴いていた女性ミュージシャンが、10年ぶりに活動を再開して、コンサートを催す。それをラジオの番組で偶然知ったのだ。彼女の曲が流れる。久しぶりに聴く透明感のある伸びやかな歌声ー。不意に、都会で暮らした頃の記憶がよみがえってくる。アパートの部屋、同僚の顔、ほろ苦い恋愛のこと…。彼女の詞に共感して、ライブハウスに通ったな。懐かしく、焦れったい思い出たちが胸を満たした。地元に戻り、結婚して、下の子も手がかからなくなった現在の私。「行ってきなよ」と夫も送り出してくれた。

学生・OL時代によく聴いていた女性ミュージシャンが、10年ぶりに活動を再開して、コンサートを催す。それをラジオの番組で偶然知ったのだ。彼女の曲が流れる。久しぶりに聴く透明感のある伸びやかな歌声ー。不意に、都会で暮らした頃の記憶がよみがえってくる。アパートの部屋、同僚の顔、ほろ苦い恋愛のこと…。彼女の詞に共感して、ライブハウスに通ったな。懐かしく、焦れったい思い出たちが胸を満たした。地元に戻り、結婚して、下の子も手がかからなくなった現在の私。「行ってきなよ」と夫も送り出してくれた。

学生・OL時代によく聴いていた女性ミュージシャンが、10年ぶりに活動を再開して、コンサートを催す。それをラジオの番組で偶然知ったのだ。彼女の曲が流れる。久しぶりに聴く透明感のある伸びやかな歌声ー。不意に、都会で暮らした頃の記憶がよみがえってくる。アパートの部屋、同僚の顔、ほろ苦い恋愛のこと…。彼女の詞に共感して、ライブハウスに通ったな。懐かしく、焦れったい思い出たちが胸を満たした。地元に戻り、結婚して、下の子も手がかからなくなった現在の私。「行ってきなよ」と夫も送り出してくれた。

t10-hyakkei-sp-arrow

翌朝ターミナルに着くと、夕方までの時間、思い出の街を歩いてみた。私鉄の小駅に降り立ち、行き交う若い人に、ハイヒールで背伸びしていたあの時の私を重ねる。確かなものを探していた私。今の私を見たら、安心してくれるだろうか。

翌朝ターミナルに着くと、夕方までの時間、思い出の街を歩いてみた。私鉄の小駅に降り立ち、行き交う若い人に、ハイヒールで背伸びしていたあの時の私を重ねる。確かなものを探していた私。今の私を見たら、安心してくれるだろうか。

翌朝ターミナルに着くと、夕方までの時間、思い出の街を歩いてみた。私鉄の小駅に降り立ち、行き交う若い人に、ハイヒールで背伸びしていたあの時の私を重ねる。確かなものを探していた私。今の私を見たら、安心してくれるだろうか。

t10-hyakkei-sp-arrow

その晩、ステージで彼女は輝いていた。年月を経て、声はキーが低くなっていたが、それも魅力的に響いた。また、彼女の曲を聴こう。私にも、新しい始まりの季節が来たと感じた。

その晩、ステージで彼女は輝いていた。年月を経て、声はキーが低くなっていたが、それも魅力的に響いた。また、彼女の曲を聴こう。私にも、新しい始まりの季節が来たと感じた。

その晩、ステージで彼女は輝いていた。年月を経て、声はキーが低くなっていたが、それも魅力的に響いた。また、彼女の曲を聴こう。私にも、新しい始まりの季節が来たと感じた。

  • トップへ戻る

2016年3月掲載

Page Top