♪音楽をお聞きになる場合は、こちら

第1話 ウィーアーサーティーズ。「太田さんじゃない?」エレベーターホールで話しかけられて、反応するまで少しかかった。 旧姓で呼ばれるのは、久しぶりだったから。卒業して十七年。子ども二人を夫に任せて、私は中学校の同窓会に出席した。

第1話 ウィーアーサーティーズ。「太田さんじゃない?」エレベーターホールで話しかけられて、反応するまで少しかかった。 旧姓で呼ばれるのは、久しぶりだったから。卒業して十七年。子ども二人を夫に任せて、私は中学校の同窓会に出席した。

第1話 ウィーアーサーティーズ。「太田さんじゃない?」エレベーターホールで話しかけられて、反応するまで少しかかった。 旧姓で呼ばれるのは、久しぶりだったから。卒業して十七年。子ども二人を夫に任せて、私は中学校の同窓会に出席した。

t10-hyakkei-sp-arrow

メールで育児情報を相談しあっている同じクラスの寛子とも、会うとなると数年ぶりだ。ようやく生活のペースがつかめてきて、最近はおしゃれしたり、近所以外の友人と会うことがとても楽しい。「チャコ、チャコ」なんて昔のあだ名がくすぐったく、あのころの感覚に戻る。パパになってバリバリ働いている彼。恋も仕事も充実している彼女。離婚したらしい彼。子育て真っ最中の私と寛子。それぞれに三十代が始まっている。

メールで育児情報を相談しあっている同じクラスの寛子とも、会うとなると数年ぶりだ。ようやく生活のペースがつかめてきて、最近はおしゃれしたり、近所以外の友人と会うことがとても楽しい。「チャコ、チャコ」なんて昔のあだ名がくすぐったく、あのころの感覚に戻る。パパになってバリバリ働いている彼。恋も仕事も充実している彼女。離婚したらしい彼。子育て真っ最中の私と寛子。それぞれに三十代が始まっている。

メールで育児情報を相談しあっている同じクラスの寛子とも、会うとなると数年ぶりだ。ようやく生活のペースがつかめてきて、最近はおしゃれしたり、近所以外の友人と会うことがとても楽しい。「チャコ、チャコ」なんて昔のあだ名がくすぐったく、あのころの感覚に戻る。パパになってバリバリ働いている彼。恋も仕事も充実している彼女。離婚したらしい彼。子育て真っ最中の私と寛子。それぞれに三十代が始まっている。

t10-hyakkei-sp-arrow

二次会の場所まで、そぞろ歩く途中ポツリポツリと雨が降ってきた。「いけない、洗濯物!」とっさにそう口にしたのは私と、やはりママの寛子。取りこんでくれるよう携帯をかけて「私たちすっかり主婦ねえ」と笑った。「みんな立派になってた」寛子が話してくる。私も率直にそう思っていた。社会で自信を持って仕事をしている友達がいる。私にもそんな選択があったのかもしれないと、ふと考える。「そういえば、キャリアウーマンになるんだって、チャコと話してたよね」将来何になるのかが大切だと思っていた、あのころ。でも今は、どんな暮らしを家族とつくっていくのかを、一生懸命考えている。それが私の、現在進行形で大切なこと。

二次会の場所まで、そぞろ歩く途中ポツリポツリと雨が降ってきた。「いけない、洗濯物!」とっさにそう口にしたのは私と、やはりママの寛子。取りこんでくれるよう携帯をかけて「私たちすっかり主婦ねえ」と笑った。「みんな立派になってた」寛子が話してくる。私も率直にそう思っていた。社会で自信を持って仕事をしている友達がいる。私にもそんな選択があったのかもしれないと、ふと考える。「そういえば、キャリアウーマンになるんだって、チャコと話してたよね」将来何になるのかが大切だと思っていた、あのころ。でも今は、どんな暮らしを家族とつくっていくのかを、一生懸命考えている。それが私の、現在進行形で大切なこと。

二次会の場所まで、そぞろ歩く途中ポツリポツリと雨が降ってきた。「いけない、洗濯物!」とっさにそう口にしたのは私と、やはりママの寛子。取りこんでくれるよう携帯をかけて「私たちすっかり主婦ねえ」と笑った。「みんな立派になってた」寛子が話してくる。私も率直にそう思っていた。社会で自信を持って仕事をしている友達がいる。私にもそんな選択があったのかもしれないと、ふと考える。「そういえば、キャリアウーマンになるんだって、チャコと話してたよね」将来何になるのかが大切だと思っていた、あのころ。でも今は、どんな暮らしを家族とつくっていくのかを、一生懸命考えている。それが私の、現在進行形で大切なこと。

t10-hyakkei-sp-arrow

翌日、幹事からメールが届いた。写真もついていた。開いた画面に笑顔が映る。私も寛子もみんな、変わってない。ちょっと大人のいい顔に見えた。

翌日、幹事からメールが届いた。写真もついていた。開いた画面に笑顔が映る。私も寛子もみんな、変わってない。ちょっと大人のいい顔に見えた。

翌日、幹事からメールが届いた。写真もついていた。開いた画面に笑顔が映る。私も寛子もみんな、変わってない。ちょっと大人のいい顔に見えた。

  • トップへ戻る

  • 第2話 今日という日のために。を読む

2016年3月掲載

Page Top