♪音楽をお聞きになる場合は、こちら

第1話 あの頃の瞳で、春。 急な雨に降りこめられて、ビルの軒先に入った。買ったばかりのパンプスを濡らすのはイヤだったし、外回りを終えて、少し疲れていた。「まだ水曜日か」ため息をつく。

第1話 あの頃の瞳で、春。 急な雨に降りこめられて、ビルの軒先に入った。買ったばかりのパンプスを濡らすのはイヤだったし、外回りを終えて、少し疲れていた。「まだ水曜日か」ため息をつく。

第1話 あの頃の瞳で、春。 急な雨に降りこめられて、ビルの軒先に入った。買ったばかりのパンプスを濡らすのはイヤだったし、外回りを終えて、少し疲れていた。「まだ水曜日か」ため息をつく。

t10-hyakkei-sp-arrow

何気なく振り返ると、一枚の写真が目にとまった。ポスター大に引き伸ばしてあって、女子高校生だろうか、少女がティンパニーを叩いている。一心に。まっすぐな眼差しで…。 引き込まれるように、扉を押した。写真家の個展会場のようだ。その少女が、海のきれいな地方の高校を舞台に、写真に収められていた。少女の射すくめるような瞳に促され、私自身のあの頃がよみがえってくる。

何気なく振り返ると、一枚の写真が目にとまった。ポスター大に引き伸ばしてあって、女子高校生だろうか、少女がティンパニーを叩いている。一心に。まっすぐな眼差しで…。 引き込まれるように、扉を押した。写真家の個展会場のようだ。その少女が、海のきれいな地方の高校を舞台に、写真に収められていた。少女の射すくめるような瞳に促され、私自身のあの頃がよみがえってくる。

何気なく振り返ると、一枚の写真が目にとまった。ポスター大に引き伸ばしてあって、女子高校生だろうか、少女がティンパニーを叩いている。一心に。まっすぐな眼差しで…。 引き込まれるように、扉を押した。写真家の個展会場のようだ。その少女が、海のきれいな地方の高校を舞台に、写真に収められていた。少女の射すくめるような瞳に促され、私自身のあの頃がよみがえってくる。

t10-hyakkei-sp-arrow

楽しかったし、辛くもあった。友人を得て、失うこともあった。部活づけの日々…。何より、目標があった。そう、写真の少女と同じひたむきさで、毎日を向き合っていた。 都会に出て、就職して、高校から15年過ぎた。仕事を続けている。大切な人がいる。そこそこおしゃれをして、そこそこ幸せ。この街に数え切れないほどいる普通のOLである私。いま、私の目標って‐。

楽しかったし、辛くもあった。友人を得て、失うこともあった。部活づけの日々…。何より、目標があった。そう、写真の少女と同じひたむきさで、毎日を向き合っていた。 都会に出て、就職して、高校から15年過ぎた。仕事を続けている。大切な人がいる。そこそこおしゃれをして、そこそこ幸せ。この街に数え切れないほどいる普通のOLである私。いま、私の目標って‐。

楽しかったし、辛くもあった。友人を得て、失うこともあった。部活づけの日々…。何より、目標があった。そう、写真の少女と同じひたむきさで、毎日を向き合っていた。 都会に出て、就職して、高校から15年過ぎた。仕事を続けている。大切な人がいる。そこそこおしゃれをして、そこそこ幸せ。この街に数え切れないほどいる普通のOLである私。いま、私の目標って‐。

t10-hyakkei-sp-arrow

私は、少女のポストカードを買った。まっすぐな眼差しが、見失いそうになる自分のお守りになる気がして。外へ出ると、雨が上がって、陽射しに街がキラキラして見えた。今ここで、毎日をきちんと生きること。そこから始めてみようと、決めた。

私は、少女のポストカードを買った。まっすぐな眼差しが、見失いそうになる自分のお守りになる気がして。外へ出ると、雨が上がって、陽射しに街がキラキラして見えた。今ここで、毎日をきちんと生きること。そこから始めてみようと、決めた。

私は、少女のポストカードを買った。まっすぐな眼差しが、見失いそうになる自分のお守りになる気がして。外へ出ると、雨が上がって、陽射しに街がキラキラして見えた。今ここで、毎日をきちんと生きること。そこから始めてみようと、決めた。

  • トップへ戻る

  • 第2話 ネクタイへ、エール。を読む

2015年3月掲載

Page Top